第29回日本ウミガメ会議 与論島大会のご案内

2018-11-16

日本ウミガメ会議プログラム

第29回 日本ウミガメ会議プログラム


島全景.jpg 百合が浜③.jpg

前夜祭会場:茶花海岸
本会議会場:与論町中央公民館
懇親会会場:与論町中央公民館
LinkIcon与論島大会開催要項はコチラ!

11月9日(金)

  13:00 百合ヶ浜見学ツアー  16時まで (希望者)
  18:00 記念撮影、前夜祭 【茶花海岸】 
      (17:30から受付)

11月10日(土)

  9:00  開会式 (8:00から受付開始)
  9:20  ミニシンポジウム
       「与論島におけるウミガメ。地域観光と漁業との関係」
  12:00  昼食
  13:00  日本のウミガメ 2018 全国のとりまとめ
  15:45  口頭発表① (発表10分 質疑3分)
        O-1 三陸沿岸域におけるウミガメ類の混獲調査報告2018
         福岡 拓也(東京大学大気海洋研究所) 他4名
        O-2 三重県北中部のウミガメ産卵から死亡漂着まで 2018
         米川 弥寿代(ウミガメネットワーク)
        O-3 アカウミガメ孵化幼体の脱出行動発現の機構について
         向後 蓮太郎(高知大学・海洋生物研究教育施設) 他6名
        O-4 脱出過程がアカウミガメの孵化幼体の形態と運動性に与える影響について
         小坂 將(高知大学・海洋生物研究教育施設) 他7名
        O-5 アカウミガメの採餌回遊における海流の影響
         藤田 健登(京大院情報) 他7名
        O-6 アカウミガメの各産卵地にみられる生活史多型の比率
         奥山 隼一(西海区水研) 他5名
        O-7 美ら島自然学校の取組み ウミガメを通した地域連携
         前田 好美(沖縄美ら島財団) 他2名

  17:30  ポスター発表
        P-1 三重県北部におけるアカウミガメの胚の死亡に及ぼす砂中温度の影響
         岡田 経太・渡邊 桜子(三重大学かめっぷり)
        P-2 2018年度の宮崎市南部海岸におけるアカウミガメの上陸・産卵・孵化調査
         今泉 法子(宮崎大学野生動物研究会・宮崎野生動物研究会) 他5名
        P-3 日和佐大浜海岸における産卵個体ごとの到来タイミングと産卵回数の検証
         田中 宇輝(日和佐うみがめ博物館)  
        P-4 水温制御によるアオウミガメの繁殖行動の変化
         戸倉 徹(新江ノ島水族館) 他3名
        P-5 吹上浜におけるアカウミガメの足跡幅と甲長との関係性
         福田 将大(鹿児島大学ウミガメ研究会)
        P-6 孵卵温度の日内変動がアカウミガメ孵化幼体の形態、運動性、成長率に与える
          影響について
         三宅 香成(高知大) 他7名
        P-7 宮崎市南部海岸におけるアカウミガメ産卵巣の温度モニタリングの結果と考察
         今竹 翔一朗(宮崎大学野生動物研究会) 他5名
        P-8 鹿児島県日置市吹上浜におけるアカウミガメの産卵地点
         鹿児島大学ウミガメ研究会
        P-9 重度の貧血が確認されたアカウミガメの治療例
         小俣 万里子(沖縄美ら島財団) 他7名
        P-10 アオウミガメ(Chelonia mydas)における、第一世代抗血液凝固殺鼠剤
           ワルファリンの代謝能と感受性評価
         山村 快哉(北海道大学獣医学部毒性学教室) 他7名
        P-11 安定同位体比を用いた小笠原諸島に来遊する成体アオウミガメの食性推定
         小林 翔平(東京農工大学) 他5名
        P-12 小笠原諸島父島における成熟アオウミガメの摂餌生態
         細井 彩香・伊東 駿(東京海洋大学うみがめ研究会)
        P-13 日本近海のアオウミガメについて集団遺伝学的研究が明らかにしてきたこと
         浜端 朋子(東北大院・生命)
        P-14 サンディエゴ湾に生息するアオウミガメの生息域
         久米 菜月(近大農) 他3名
        P-15 沖縄島周辺海域で混獲されたアカウミガメの体サイズおよび性成熟と性比の変化
         平岡 智弥・上原 充輝(琉球大学ウミガメ研究会ちゅらがーみー)
        P-16 八重山海域におけるアオウミガメの増加
         亀田 和成・若月 元樹(黒島研究所)

  18:30  懇親会

11月11日(日)

  8:45  口頭発表② (発表10分 質疑3分)
       O-8 アカウミガメの累代繁殖成功
        小淵 貴洋(沖縄美ら島財団) 他4名
       O-9 アカウミガメ孵化幼体の孵化後の運動性と代謝について
        芦田 泉香子(高知大学・海洋生物研究教育施設) 他7名
       O-10 タイマイにおける孵卵温度の日内変動の影響について
        高田光紀(高知大・海生研) 他10名
       O-11 アカウミガメは産卵期間中に本当に休んでいるのか?
        有田 蒔実子(近大院農) 他5名
       O-12 宮崎南部海岸で孵化前後に死亡したアカウミガメの父母系の遺伝子解析と
          戻し交雑の可能性について
        森 翔太郎(宮崎大学獣医解剖) 他5名
       O-13 アオウミガメ輸送時における保温方法の検討
        北嶋 円(新江ノ島水族館) 他3名
       O-14 屋外飼育下アオウミガメの成長速度測定と病理診断結果に基づくより良い
          飼育方法の検討
        北山 知代(エバーラスティング・ネイチャー小笠原事業所) 他6名

  10:45  閉会式
  11:00  終了