文献

日本ウミガメ協議会

-Sea Turtle Association of Japan-

英語.jpgスペイン語.jpg

更新日 2017-02-24 | 作成日 2009-04-02

文献

日本におけるウミガメの文献集

この他にも文献をお持ちの方がおられましたらお知らせいただけると幸いです。よろしくお願い致します。
(注意:うみがめニュースレターの記事は48号まではここに掲載しています。49号以降の記事は「うみがめニュースレター」のページをご覧下さい。LinkIconうみがめニュースレター


--------------------------------------------------------------------------------
アルファベット順

阿部寧. 1998. ウミガメ資源回復に向けた研究の展望. 農林水産技術研究ジャーナル 21(2):28-32.

阿部寧. 2006. 小型定置網によるウミガメ混獲を防止する技術開発について. ていち (109):63-76.

阿部寧・南浩史. 2008. 海亀類の混獲対策:海亀個体群の状況と包括的アプローチ(<特集>まぐろ延縄漁業における混獲回避). 日本水産学会誌 74(2):230-233.

Abe, O., Y. Takada, T. Shibuno, K. Hashimoto, H. Ishii and Y. Funakura. 2000. Swimming behaviour of green turtle hatchlings in a lagoon of Ishigaki Island, Southwestern Japan. p. 167-175. In: N. J. Pilcher and G. Ismail (eds.), Sea Turtles of the Indo-Pacific. Research, Management and Conservation. University Malaysia Sarawak. ASEAN Academic Press Ltd, London.

Agusa, T., K. Takagi, R. Kubota, Y. Anan, H. Iwata, and S. Tanabe. 2008. Specific accumulation of arsenic compounds in green turtles (Chelonia mydas) and hawksbill turtles (Eretmochelys imbricata) from Ishigaki Island, Japan. Environmental Pollution 153(1): 127-136.

秋山友宏. 1983. ウミガメの産卵. 自然愛護 9:??.

秋山友宏. 1984. Caretta caretta-鹿児島県吹上浜アカウミガメ産卵調報告書. 鹿児島大学ウミガメ研究会, 鹿児島.

秋山友宏. 1985. 鹿児島県吹上浜におけるアカウミガメの産卵調査-昭和56年~59年. 鹿児島大学, 鹿児島. 水産学部卒業論文.

秋山友宏・今井貞彦. 1985. 吹上浜におけるアカウミガメの産卵(その四). 自然愛護 11:??.

天野良晃・山里敬也・片山正昭・小川明. 1999. 海亀生態観測用測位データの誤り制御について. 電子情報通信学会技術研究報告, SANE, 宇宙・航行エレクトロニクス 98(614):105-108.

Anan, Y., T. Kunito, H. Sakai, and S. Tanabe. 2002. Subcellular distribution of trace elements in the liver of sea turtles. Marine Pollution Bulletin 45: 224-229,

Anan, Y., T. Kunito, I. Watanabe, H. Sakai, and S. Tanabe. 2001. Trace element accumulation in hawksbill turtles (Eretmochelys imbricata) and green turtles (Chelonia mydas) from Yaeyama Islands, Japan. Environmental Toxicology and Chemistry 20(12): 2802-2814.

Anonymous. 1992. 第3回日本ウミガメ会議講演要旨集. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

Anonymous. 1993. 第3回日本ウミガメ会議講演要旨. うみがめニュースレター. 15:7-24.

Anonymous. 1993. 第4回日本ウミガメ会議講演要旨集. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

Anonymous. 1994. 第4回日本ウミガメ会議講演要旨. うみがめニュースレター. 20:13-23.

Anonymous. 1994. 第5回日本ウミガメ会議講演要旨集. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

Anonymous. 1995. 第5回日本ウミガメ会議講演要旨. うみがめニュースレター. 23:22-39.

Anonymous. 1995. 第6回日本ウミガメ会議講演要旨集. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

Anonymous. 1996. 第6回日本ウミガメ会議講演要旨. うみがめニュースレター. 27:13-29.

Anonymous. 1996. 第6回日本ウミガメ会議講演要旨(追加). うみがめニュースレター. 28:19.

Anonymous. 1996. 第7回日本ウミガメ会議講演要旨集. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

Anonymous. 1997. 第7回日本ウミガメ会議(沖縄・名護)講演要旨. うみがめニュースレター. 31:6-28.

Anonymous. 1997. 第7回日本ウミガメ会議講演要旨追加. うみがめニュースレター. 32:10.

Anonymous. 1997. 第8回日本ウミガメ会議講演要旨集. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

Anonymous. 1998. 第8回日本ウミガメ会議(高知・大方)講演要旨の報告. うみがめニュースレター. 35:7-24.

Anonymous. 1998. 第9回日本ウミガメ会議講演要旨集. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

Anonymous. 1999. 第9回日本ウミガメ会議(屋久島)講演要旨-Ⅰ. うみがめニュースレター. 39:6-18.

Anonymous. 1999. 第9回日本ウミガメ会議(屋久島)講演要旨-Ⅱ. うみがめニュースレター. 40:18.

Anonymous. 1999. 第10回日本ウミガメ会議講演要旨集. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

Anonymous. 2000. 第10回日本ウミガメ会議(御前崎会議)講演要旨. うみがめニュースレター. 43:7-31.

Anonymous. 2000. 第11回日本ウミガメ会議講演要旨集. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

Anonymous. 2001. 第11回日本ウミガメ会議(牛深会議)講演要旨. うみがめニュースレター. 47:10-29.

Anonymous. 2001. 第12回日本ウミガメ会議講演要旨集. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

Anonymous. 2001. ウミガメと日本の環境-亀崎直樹さんに聞く-. 水情報 21(5):10-17.

Anonymous. 2002. 第13回日本ウミガメ会議講演要旨集. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

Anonymous. 2003. 第14回日本ウミガメ会議講演要旨集. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

Anonymous. 2004. 第15回日本ウミガメ会議講演要旨集. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

Anonymous. 2005. 第16回日本ウミガメ会議講演要旨集. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

Anonymous. 2006. 第17回日本ウミガメ会議講演要旨集. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

Anonymous. 2006. 侵食防止と環境保護の両立 220mにわたり消波ブロックを撤去 アカウミガメの産卵阻害を防ぐ--表浜海岸の消波堤撤去試験 (事例研究 環境との新しい共生法--土木工事に欠かせなくなる生態系への視点). 日経コンストラクション (401):64-65.

Anonymous. 2007. 第18回日本ウミガメ会議講演要旨集. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

Anonymous. 2008. 第19回日本ウミガメ会議講演要旨集. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

Aoki, M. and T. Kikuchi. 1995. Notes on Caprella andreae MAYER, 1890 (Crustacea, Amphipoda) from the Carapace of Loggerhead Sea Turtles in the East China Sea and in Kyushu, Japan. 動物分類学会誌 53: 54-61.

青木良輔. 1977. 市販されていたヒメウミガメ. 両生爬虫類研究会誌 9:4.

浅井康行. 1999. アカウミガメの雄は出会いのシチュエーションを大切にする?. うみがめニュースレター 41:12.

浅川弘. 1993. 静岡県南伊豆町弓ヶ浜海岸におけるアカウミガメの非産卵上陸の一例. うみがめニュースレター 16:11.

朝山新一. 1967. アカウミガメCaretta caretta (Linne)の生殖巣形成(発生). 動物学雑誌 76(11・12):410-411.

荒井修亮. 2003. ウミガメを追いかける--アセアン諸国におけるウミガメ類の大回遊機構解明. 科学 73(1):48-52.

荒井修亮・吉田瑞紀・坂本亘. 2003. 海洋生物バイオテレメトリーのための新しい装置の開発: ウミガメ成体に装着した画像データ標識と地磁気センサー加速度計による予備的な結果. 海洋理工学会誌 8(1):15-23.

荒木朋洋・亀崎美代子・千々岩有紀. 2000. ウミガメ卵白リゾチームに関する研究: アオウミガメ卵白リゾチームの分離・精製. 九州東海大学農学部紀要 19:21-27.

有川美紀子. 1998. ウミガメ保護に賭ける日本人--ジャワ海にタイマイが帰って来る日まで. 望星 29(11):57-63.

有元石太郎. 1982. 小笠原島産ワレカラ類の3種. 動物分類学会誌 (22):21-23.

Baba, N., M. Kiyota, H. Suganuma, H. Tachikawa, 1992, Research on migratory routes of loggerhead turtles and green turtles by the Argos system, Report on commissioned project for data analysis by scientific observers aboard fishing vessels in 1991, Fisheries Agency of Japan, Tokyo, 89-99.(和文)

Baba, N., M. Kiyota, H. Suganuma, H. Tachikawa, 1993, Research on migratory routes of loggerhead turtles and green turtles by the Argos system, Report on commissioned project for data analysis by scientific observers aboard fishing vessells in 1992, Fisheries Agency of Japan, Tokyo, 86-99. (和文)

坂東武治. 1996. ウミガメ類の磁気コンパスに関する研究について. うみがめニュースレター 28:11.

Bickham, J. W., K. A. Bjorndal, M. W. Haiduk and W. E. Rainey. 1980. The karyotype and chromosomal banding patterns of the green turtle (Chelonia mydas). Copeia 1980(3): 540-543.

Bowen, B. W., F. A. Abreu-Grobois, G. H. Balazs, N. Kamezaki, C. J. Limpus and R. J. Ferl. 1995. Trans-Pacific migrations of the loggerhead turtle (Caretta caretta) demonstrated with mitochondrial DNA markers. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 92: 3731-3734.

Bowen, B. W., N. Kamezaki, C. J. Limpus, G. R. Hughes, and A. B. Meylan. 1994. Gloval phylogeography of the loggerhead turtle (Caretta caretta) as indicated by mitochondrial DNA haplotypes. Evolution 48: 1820-1828.

Bowen, B. W., A. B. Meylan, J. P. Ross, C. J. Limpus, G. H. Balazs and J. C. Avise. 1992.  Global population structure and natural history of the green turtle (Chelonia mydas) in terms of matriarchal phylogeny. Evolution 46: 865-881.

Canin, J. 1991. International trade aspects of the Japanese Hawksbill shell ('Bekko') industry. Marine Turtle Newsletter (54): 17-21.

Carthy, R. Raymond, A, M. Foley, and Y. Matsuzawa. 2003. Incubation environment of loggerhead turtle nests; effects on hatching success and hachling characteristics. pp144-153. In: A. B. Bolten and B. E. Witherington (eds.), “Loggerhead sea turtles". Smithsonian Institution, Washington.

Chaloupka, M., N. Kamezaki, and C. Limpus. 2008. Is climate change affecting the population dynamics of the endangered Pacific loggerhead sea turtle?. Journal of Experimental Marine Biology and Ecology 356: 136-143.

Chijiiwa, Y., S. Kawamura, T. Torikata and T. Araki. 2006. Amino Acid Sequence and Activity of Green Turtle (Chelonia mydas) Lysozyme. The Protein Journal 25(5): 336-344.

Chokesanguan, B. 1998. 東南アジアにおけるトロールの海亀類混獲防除装置(TEDs)の導入. 日水誌 64:316.

Donnelly, M. 1991. Japan bans import of Hawksbill shell effective December 1992. Marine Turtle Newsletter (54): 1-3.

Dupree, M. 1995. Passing through enemy waters: Marine turtles in Japan. UCLA Pacific Basin Law Journal 14(1): 75-102.

Eckert, K. L. and S. A. Eckert. 1994. Japan withdraws CITES reservation on Eretmochelys. Marine Turtle Newsletter (67): 2.

愛媛大学農学部環境科学研究室. 1994. ウミガメ資料提供のお願い. うみがめニュースレター 19:7.

Fletcher, D. 1984. EXPLOITATION OF MARINE TURTLES IN JAPAN. WORLD WILDL NEWS 1984(SPRING): 17-19.

藤井弘章. 1998. 紀伊半島南部におけるウミガメ漁とその食習俗. 日本民俗学 215:49-79.

藤井弘章. 1999. ウミガメと流木にまつわる漁撈習俗. エコソフィア 4:119-135.

藤井弘章. 2001. 地域差と時代差からみたウミガメの民俗--海村・離島追跡調査から. 成城大学民俗学研究所紀要. 25:115-141.

藤井弘章. 2005. 知多半島のウミガメ埋葬・供養習俗. 名古屋民俗叢書 4:.

藤井弘章. 2008. 対馬・壱岐におけるウミガメの民俗--亀卜の里とウミガメ (壱岐・対馬の民俗). 民俗文化 (20):181-240.

藤井昭二. 1964. 富山県明日産の中新世海亀について. 富山県地学地理学論集4: 95-97.

藤本裕. 1976. タイマイ飼育試験. 昭和49年度沖縄県水産試験場事業報告書:49-50.

Fujimoto, T., A. Ukeshima, Y. Miyayama, F. Horio and E. Ninomiya. 1979. Observations of primordial germ cells in the turtle embryo, Caretta caretta. Light microscopic and electron microscopic studies. Dev. Growth Differ 21: 3-10.

藤原正武. 1962a. アカウミガメの神経胚. 動物学雑誌 71(11・12):354-355.

藤原正武. 1962b. 産卵時におけるアカウミガメ卵の構造. 動物学雑誌 71(1・2):14-15.

藤原正武. 1963. アカウミガメの一卵性双子. 動物学雑誌 72(11・12):336.

藤原正武. 1964a. アカウミガメの嚢胚形成. 動物学雑誌 73(11・12):317.

藤原正武. 1964b. アカウミガメの天然的重複胚形成例. 爬虫両棲類学雑誌 1(2):7-8.

藤原正武. 1964c. 屋久島のアカウミガメ(講演要旨). 爬虫両棲類学雑誌 1(1):29.

藤原正武. 1965a. アカウミガメの孵化. 爬虫両棲類学雑誌 1(3):55.

藤原正武. 1965b. アカウミガメの脊索中胚葉管. 動物学雑誌 74(11・12):385.

藤原正武. 1966. アカウミガメの初期発生-特に羊膜類の胚葉形成について. 東京学芸大学紀要(第4部) 18:47-60.

藤原正武. 1967. ウミガメ胚の中胚葉形成. 動物学雑誌,76(11・12):411.

藤原正武. 1968a. アカウミガメの初期発生における二、三の特徴. 爬虫両棲類学雑誌 2(4):45.

藤原正武. 1968b. 爬虫類の内胚葉形成. 爬虫両棲類学雑誌 2(4):50.

藤原正武. 1969a. アカウミガメ胚にみられる内胚葉形成の異時性(第21回日本動物学会関東支部大会). 動物学雑誌 78(6): 215.

藤原正武. 1969b. アカウミガメの内胚葉形成からみた陥入と葉裂の関係. 動物学雑誌 78(10・11):382.

藤原正武. 1969c. アカウミガメの脊索中胚葉管下床壁の性質について. 動物学雑誌 78(1・2):63.

藤原正武. 1970a. アカウミガメ胚の原口部の結節の特徴. 動物学雑誌 79(11・12):343.

藤原正武. 1970b. アカウミガメの胚下腔. 爬虫両棲類学雑誌 3(4):31.

藤原正武. 1971a. アカウミガメ胚からみた爬虫類における内胚葉の形成様式. 動物学雑誌80(8):291.

藤原正武. 1971b. アカウミガメ胚からみた羊膜類の原条. 動物学雑誌 80(11・12):435.

藤原正武. 1971c. アカウミガメ胚の神経腸管に関する一考察. 爬虫両棲類学雑誌 4(1-4):32.

藤原正武. 1971d. アカウミガメに於ける脊索中胚葉管の穿孔. 爬虫両棲類学雑誌 4(1-4):16-17.

藤原正武. 1971e. アカウミガメ卵歯の形成および消失に関する観察. 爬虫両棲類学雑誌 4(1-4):25.

藤原正武. 1972a. アカウミガメ胚からみた爬虫類の第一次・第二次内胚葉(関東支部第24回大会). 動物学雑誌 81(3): 243.

藤原正武. 1972b. アカウミガメにおける甲板の変異について(講演要旨). 爬虫両生類学雑誌 5(1):9.

藤原正武. 1972c. アカウミガメの前腎. 動物学雑誌 81(4):298.

藤原正武. 1973a. アカウミガメ胚の尾腸. 爬虫両棲類学雑誌 83(4):361.

藤原正武. 1973b. アカウミガメ胚の前腎域にみられる腎単位. 動物学雑誌 82(4):247.

Fujiwara, M. 1973. Note on the tail gut in the embryo of the Pacific loggerhead turtle (Caretta caretta gigas). Jap. J. Herpetol 5:31-32.

藤原正武. 1974a. アカウミガメ胚における尾腸と神経腸管との関係. 動物学雑誌 83(4):361.

藤原正武. 1974b. アカウミガメにおける始原生殖細胞についての二、三の観察. 爬虫両棲類学雑誌 5(3):62.

藤原正武. 1975. 爬虫類の内胚葉形成に関する比較発生学的研究. 動物学雑誌 84(4):336.

藤原正武. 1980. ハ虫類. p. 308-314. 沼野井春雄監修 “現代生物学大系Ⅱa;発生・分化A”.  中山書店, 東京.

深田祝. 1965. 日本産爬虫類の繁殖(綜説). 京都學藝大學紀要 (27):65-82.

福田径子・藤本広子. 1998. 佐賀県・長崎県のアカウミガメの産卵地について(予報). うみがめニュースレター 35:25.

福田照雄. 1978. オサガメ剥製記. マリンパビリオン(串本海中公園) 7:5.

福永純子. 1999. イタチによるウミガメ産卵巣食害についての報告. うみがめニュースレター 42:3.

福永隆生・古賀克也. 1974. 海亀卵白の蛋白質に関する研究:(第1報) とくに電気泳動, 塩濃度勾配抽出およびCM-セルロースカラムクロマトグラフィー. 鹿兒島大學農學部學術報告 24:89-105.

福永隆生・古賀克也. 1974. 海亀卵白の蛋白質に関する研究:(第2報) 新タイプの蛋白質"ST-オボアルブミン"の化学的性質および組成について. 鹿兒島大學農學部學術報告 24:107-132.

福永隆生・古賀克也. 1978. 海亀卵白の蛋白質に関する研究:(第3報)卵白中のプロテイナーゼインヒビターについて. 鹿兒島大學農學部學術報告 28:157-168.

蒲生田小学校. 1989. 地域の特性を生かした生涯教育-アカウミガメの観察を通して-. 蒲生田小学校, 徳島. 25p.

Gans, C. 1949. A bibliography of the herpetology of Japan. Bull. Amer. Mus. Nat. Hist 93(6): 393-496.

後藤清. 1994. 千里の浜におけるアカウミガメの産卵. p.67-74. 亀崎直樹・籔田慎司・菅沼弘行編. ”日本のウミガメの産卵地”. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

萩野進也. 1998. 紀宝町井田海岸におけるアカウミガメの産卵(1998年). うみがめニュースレター 38:7.

萩野進也. 1991. 三重県紀宝町の概要とウミガメについて. うみがめニュ-スレタ- 8:3.

萩野進也. 1991. 「海がめシンポジウム」を開催して. うみがめニュ-スレタ- 10:6.

浜松市教育委員会. 1998. 浜松市指定文化財天然記念物アカウミガメ生態調査の報告書:1987年度(昭和62年度)〜1997年度(平成9年度)事業報告. 浜松市教育委員会, 静岡. 56p.

花尻薫. 1998. 三重県熊野市内に上陸・産卵したアカウミガメの状況(1998年). うみがめニュースレター 38:10.

橋本長. 1977. アカウミガメの好酸球. 東邦医学会雑誌 24(5・6):780-790.

原 幸治. 19??. 世界のウミガメ. どうぶつと動物園.

原田誠. 1993. 鹿児島県吹上浜におけるアカウミガメの生態(1992年). p. 25-29. 鹿児島県. ウミガメ生態調査報告書(5).

長谷川善和・平山廉・木村敏之・高桑祐司・中島一・群馬古生物研究会. 2005. 群馬県の富岡層群 (中部中新統) 産ウミガメ化石 Syllomus の骨格復原. 群馬県立自然史博物館研究報告 9:29-64.

長谷博道. 1996. 鹿児島県吹上浜におけるアカウミガメの生態(1995年). p. 35-42. 鹿児島県. ウミガメ生態調査報告書(8).

橋口尚武. 1997. シリ-ズ地方の食文化 シュウデ・天南星・海亀・カツオドリ--伊豆諸島の郷土食. ヴェスタ (29):70-76.

はす. 1894. 所謂正覺坊. 動物学雑誌 6(68):232.

畠山武道. 2003. ハワイミツスイとウミガメは安住の地を見いだすか: 合衆国種の保存法・捕獲禁止規定に関する二つの訴訟. 北海学園大学法学研究 39(2):271-310.

畑瀬英男. 1998a. 第18回ウミガメ生物学と保全に関する国際シンポジウム参加の感想. うみがめニュースレター 37:14.

畑瀬英男. 1998b. 知られざるオスのウミガメの生態. うみがめニュースレター 37:3.

Hatase, H. 2003. Migrations and habitat use of sea turtles. Zoological Science (Tokyo) 20(12): 1524.

畑瀬英男. 2004. アカウミガメの回遊と生息域利用. 遺伝 58(2):73-77.

Hatase, H. and W. Sakamoto. 2004. Forage-diving behaviour of adult Japanese female loggerhead turtles(Caretta caretta) inferred from Argos location data. Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom 84: 855-856.

Hatase, H. and K. Tsukamoto. 2008. Smaller longer, larger shorter: energy budget calculations explain intrapopulation variation in remigration intervals for loggerhead sea turtles (Caretta caretta). Canadian Journal of Zoology-Revue Canadienne de Zoologie 86(7): 595-600.

Hatase, H., K. Omuta and K. Tsukamoto. 2007. Bottom or midwater: alternative foraging behaviours in adult female loggerhead sea turtles. Journal of Zoology 273: 46-55.

Hatase, H., Y. Matsuzawa, W. Sakamoto, N. Baba and I. Miyawaki. 2002. Pelagic habitat use of an adult Japanese male loggerhead turtle Caretta caretta examined by the Argos satellite system. Fisheries Science 68(4): 945-947.

Hatase, H., Y. Matsuzawa, K. Sato, T. Bando and K. Goto. 2004. Remigration and growth of loggerhead turtles (Caretta caretta) nesting on Senri Beach in Minabe, Japan: life-history polymorphism in a sea turtle population. Marine Biology 144(4): 807-811.

Hatase, H., K. Sato, M. Yamaguchi, K. Takahashi and K. Tsukamoto. 2006. Individual variation in feeding habitat use by adult female green sea turtles (Chelonia mydas): are they obligately neritic herbivores?. Oecologia 149(1): 52-64.

Hatase, H., K. Goto, K. Sato, T. Bando, Y. Matsuzawa and W. Sakamoto. 2002. Using annual body size fluctuations to explore potential causes for the decline in a nesting population of the loggerhead turtle Caretta caretta at Senri Beach, Japan. MARINE ECOLOGY PROGRESS SERIES 245: 299-304.

Hatase, H., R. Sudo, K. Watanabe, T. Kasugai, T. Saito, H. Okamoto, I. Uchida and K. Tsukamoto. 2008. Shorter telomere length with age in the loggerhead turtle: a new hope for live sea turtle age estimation. Genes and Genetic Systems 83: 423-426.

Hatase,H., N. Takai, Y. Matsuzawa, W. Sakamoto, K. Omuta, K. Goto, N. Arai and T. Fujiwara. 2002. Size-related differences in feeding habitat use of adult female loggerhead turtles Caretta caretta around Japan determined by stable isotope analyses and satellite telemetry. MARINE ECOLOGY PROGRESS SERIES 233: 273-281.

Hatase, H., M. Kinoshita, T. Bando, N. Kamezaki, K. Sato, Y. Matsuzawa, K. Goto, K. Omuta, Y. Nakashima, H. Takeshita and W. Sakamoto. 2002. Populationstructure of loggerhead turtles, Caretta caretta, nesting in Japan: bottlenecks on the Pacific population. Marine Biology 141: 299-304.

Hayashi, R. and K. Tsuji. 2008. Spatial distribution of turtle barnacles on the green sea turtle, Chelonia mydas. Ecological Research. 23(1): 121-125.

引地秀司. 2000. 長崎市周辺におけるアカウミガメ産卵上陸について. 長崎県生物学会誌(51):65-68.

引地秀司. 2001. 長崎市周辺におけるアカウミガメ産卵上陸(2000年)の状況について. 長崎県生物学会誌 (52):45.

引地秀司. 2002. エビ養殖場に迷いこんだアカウミガメ. 長崎県生物学会誌 (55):17-18.

引地秀司. 2002. 人工呼吸で蘇生したアカウミガメ. 長崎県生物学会誌. (55):19.

疋田努. 1988. 系統と分類. p. 223-269. 動物系統分類学9(下B1)爬虫類Ⅰ. 中山書店, 東京.

姫路水族館. 1972. アカウミガメ調査-1972年-. 山のうえのさかなたち(姫路水族館). 3(4):2-5.

平坂恭介. 1939. 本邦近海の海亀に就いて. 水産雑誌. 昭和18年9月号:1-6.

平坂恭介. 1943. 海産の亀類に就いて. 熱帯農学会誌. 15(3):94-98

平手康市. 1988. 黒島におけるタイマイの上陸産卵について. マリンパビリオン(串本海中公園). 17(7):32.

平手康市. 1989. 右前肢を失ったタイマイの放流及び再捕獲. うみがめニュースレター. (3):14-15.

平手康市. 1991. 冬季に確認されたウミガメの産卵. うみがめニュースレター. 8:4-6.

平手康市. 1996. 沖縄の生き物の不思議な生活(6)ウミガメ--本当にカメは万年生きるか. 遺伝. 50(9):63-66.

平手康市・岩瀬文人. 1991. 八重山諸島黒島の西の浜におけるウミガメ類の産卵状況(1988-1990). マリンパビリオン(串本海中公園). 20:14-15.

平手康市・岩瀬文人・亀崎直樹・野村恵一・御前洋・宮脇逸朗. 1994. 八重山諸島,黒島西の浜におけるウミガメ類の上陸状況. p. 1-5. 亀崎直樹・籔田慎司・菅沼弘行編. ”日本のウミガメの産卵地”. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

平手康市・亀崎直樹. 1994. アオウミガメとタイマイの雑種について. うみがめニュースレター. (20):20.

平手康市・木村基文. 1996. ロストエイジ期のアオウミガメの琉球列島海域での発見(速報). うみがめニュースレター. 29:10.

平手康市・下池和幸. 1995. 慶良間諸島阿嘉島において確認したタイマイEretmochelys imbricata (Linnaeus)の産卵. 沖生誌. (33):61-63.

平山廉. 1992. ウミガメ上科における上腕骨の形態的多様性;その機能形態学的・系統学的考察. 穂別町立博物館研究報告. 8:17-57.

平山廉. 1993a. ブラジル東部のSantana累層(下部白亜系Apto-Albian)より発見されたウミガメ上科. 日本地質学会学術大会講演要旨. 424.

平山廉. 1993b. 兵庫県淡路島の和泉層群より発見された原始的オサガメ科 (ウミガメ上科;カメ目). 日本古生物学会第1993年年会講演予稿集. 116.

平山廉. 1995. 北海道上部白亜系より産出のプロトステガ科 (ウミガメ上科). 日本地質学会学術大会講演要旨. 150.

平山廉. 2007. カメのきた道:甲羅に秘められた2億年の生命進化. 日本放送出版協会, 東京. 205p.

平山廉・地徳力. 1992. 北海道穂別町の函淵層群より原始的オサガメ類(オサガメ科;ウミガメ上科)の発見. 日本地質学会学術大会講演要旨. 304.

Hirayama, R. and T. Chitoku. 1996. Family Dermochelyidae (Superfamily Chelonioidea) from the Upper Cretaceous of North Japan. Transactions and Proceedings of the Palaeontological Society of Japan New Series(184): 597-622.

平山廉・鈴木茂. 1985. 北海道穂別町の函淵層群産白亜紀ウミガメ化石について (予報) . 穂別町立博物館研究報告. 2:17-30.

平山廉・藤井明・高橋啓一. 2006. 香川県高松市塩江町の上部白亜系和泉層群より産出したオサガメ科化石. 化石. (80):17-20.

平山廉・後藤道治・森作三恵子. 1997. 富山県八尾町井栗谷から産出したウミガメ化石. 富山市科学文化センター研究報告書. 20:1-6.

Hiro, F. 1936. Occurrence of the cirriped Stomatolepas elegans on a loggerhead turtle found at Seto. Annot. Zool. Japan 15(3): 312-320.

弘貞. 1894. 南島雜話十件:奇態なる正覺坊. 動物学雑誌 6(72):381.

広崎芳次・谷村俊介. . ウミガメの異種交配と思われる2例について. 動物園水族館雑誌???.

本間義治. 1975. 新潟地方へ漂着するウミガメとウミヘビ. 蒲原. (39):25-36.

本間義治. 1978. 組織像より推定した中部目本海における漂泳漂着動物の生活. 動物と自然. 8(1):9-15.

本間義治. 1986. 石井文海(江戸末期)の動物写生図-新潟の水族誌-. 蒲原. 71:28-41.

本間義治. 1986. 佐渡島の絵図師石井文海(江戸末期)の写生図珍敷亀をめぐって. 両生爬虫類研究会誌. (33):19-23.

本間義治. 1990. 佐渡島戸地海岸にある亀の墓-(附)新潟~佐渡沿岸における海産爬虫類の漂着採捕記録追加. 両生爬虫類研究会誌. (39):5-10.

本間義治. 1990. 新潟・佐渡における大型海産動物の漂着記録再調. 新潟大学理学部附属佐渡臨海実験所特別報告第5集:17-26.

本間義治. 1991. 五ヶ浜(新潟県西蒲原郡巻町)の亀塚. 新潟県生物教育研究会誌 (26):55-56.

本間義治. 1992. クジラとカメの墓を訪ねて. p. 57-71. 新潟大学放送公開講座実行委員会(編). 新潟の生物誌-海から山まで. 新潟大学放送公開講座実行委員会, 新潟.

本間義治. 1995. 新潟県内の亀趺像. 蒲原 (87):7-12.

本間義治・青柳彰. 1986. 寺泊ならびに西山海岸(新潟県)に漂着した稚アカウミガメの記録とその後の新潟県沿岸における海産爬虫類の捕獲記録. 両生爬虫類研究会誌 (33):11-17.

本間義治・石見喜一. 2001. 最近建設された“亀の碑”(佐渡赤泊). 新潟県生物教育研究会誌 36(9):51-53.

本間義治・北見健彦. 1976. 新潟・佐渡沿岸へ漂着したウミヘビとウミガメの記録. 佐渡博物館館報 (25):18-24.

本間義治・北見健彦. 1979. 再び夏期佐渡沖で捕獲されたセグロウミヘビおよび新潟・佐渡沿岸における海産爬虫類の採捕記録追加. 両生爬虫類研究会誌 (15):7-10.

本間義治・北見健彦. 1983. 新潟~佐渡近海における海産爬虫類の採捕記録追加. 両生爬虫類研究会誌 (27):27-31.

本聞義治・北見健彦. 1997. 佐渡相川町蓮長寺の“亀の碑”. 新潟県生物教育研究会誌 (32):45-46.

本間義治・箕輪一博. 1984. 柏崎の海でみられる珍奇動物. 第26回特別展-柏崎の海・珍奇動物展図録 1-54.

本間義治・三浦啓作. 1993. 赤泊村大杉(佐渡島)にある亀の祠. 新潟県生物教育研究会誌 (28):89-91.

本間義治・三浦啓作. 1993. 佐渡日報"(大正年代)にみられる大型動物の漂泳漂着記録を主二して. 日本海セトロジー研究 (3):27-30.

本間義治・三浦啓作. 1994. “新潟新聞”にみられた大型動物の漂泳漂着記録. 日本海セトロジー研究 (4):21-24.

本間義治・三浦啓作. 1994. 灯台もと暗し相川町(佐渡島)にあった亀の墓. 新潟県生物教育研究会誌 (29):61-62.

Honma, Y and S. Yoshie. 1975. A record of the Pacific Ridley Turtle, Lepidochelys olivacea, from the coast of Niigata facing the Japan Sea, with description of some of the organs. Ann. Rep, Sado Mar. Biol. Stat., Niigata Univ (5):1-9.

本間義治・三浦啓作・佐藤春雄. 1972. 佐渡島相川町にある亀の碑. 両生爬虫類研究会誌 (41):7-9.

本間義治・中村幸弘・青柳彰. 1987. 新潟県沿岸に漂着した稚アカウミガメの記録とその後の新潟県沿岸における海産ハ虫類の採捕記録追加. 両生爬虫類研究会誌 (35):1-8.

本間義治・青柳彰・中村幸弘・箕輪一博. 1992. 1992~1993年の厳冬季に新潟県沿岸へ稚アカウミガメ陸続と漂着. 柏崎市立博物館館報. (7):59.

堀越和夫. 1994. 第一回ASEANウミガメ保護シンポジウム・ワークショップの報告. うみがめニュースレター 19:14.

堀越和夫・小守桃世・菅沼弘行. 1998. 体内標識のウミガメ類への適用実験と体内標識を埋め込んだアオウミガメの放流リスト. うみがめニュースレター 38:3.

堀越和夫・佐藤文彦・稲葉慎・中村幸弘・柴田博. 2000. オサガメの混得事例(小笠原諸島と新潟県)(ナチュラルヒストリーノート). うみがめニュースレター 44:13.

堀越和夫・菅沼弘行. 1995. アルゴス方向探知器による沿岸部でのウミガメ追跡の適用性. うみがめニュースレター 24:7.

堀越和夫・菅沼弘行・立川浩之. 1993. 産卵期終了後の小笠原産雌アオウミガメの沿岸域における夜間の遊泳行動. うみがめニュースレター 18:14.

市橋秀樹. 1993. 生物資源の有効利用の有るべき姿を考える. うみがめニュースレター 17:23.

市橋秀樹・堺温哉・立川涼. 1994. 化学分析からわかる事とわからない事. うみがめニュースレター 19:3.

市村聖治. 1996. 農村に生きる人々-7-変わった?変わらない?農村青年の生活模様--ウミガメと潮騒と雨音と. 酪農事情 56(662):60-63.

Ikai, A., T. Osada and M. Nishigai. 1988. Conformational Changes of Alpha-Macroglobulin and Ovomacroglobulin from the Green Turtle (Chelonia mydas japonica). The Journal of Biochemistry 103(2): 218-224.

池田作次郎. 1893. ウミガメ. 動物学雑誌 5(53):113.

池崎善博. 1971. 長崎県松浦市におけるタイマイの漂着. 長崎県生物学会誌 (1):22.

池崎善博. 1978. 長崎県松浦市に漂着したヒメウミガメ. 長崎県生物学会誌 (15):51-54.

今井貞彦・秋山友宏. 1982. 吹上浜におけるアカウミガメの産卵. 自然愛護 (8):2-3.

今井貞彦・秋山友宏. 1983. 吹上浜におけるアカウミガメの産卵(その二). 自然愛護 (9):5-6.

今井貞彦・秋山友宏. 1984. 吹上浜におけるアカウミガメの産卵(その三). 自然愛護 (10):3-4.

稲葉 慎. 1992. ミナミスナガニによるウミガメ卵食害についての知見. うみがめニュースレター 14:6-8.

伊奈英彦・藤田正憲・鈴木稔・早野弘道. 1992. 海亀の油脂の分析. 関税中央分析所報 (31):27-39.

稲谷和則. 2000. 甑島列島・上甑島におけるウミガメ類の混獲・産卵地について. うみがめニュースレター 46:10.

諌山英一. 1982. アオウミガメたちの島. Cosmo10:16-21.

石垣島ウミガメ研究会. 2008. ウミガメがみた石垣島. 月刊やいま 176:2-13.

石原孝・亀崎直樹・日下部要. 2006. 高知県室戸で捕獲されたオサガメ(Dermochelys coriacea)の解剖報告. 日本爬虫両棲類学会報 2006(2):114-116.

石井晃. 2001. 時評 アカウミガメと税金. グリーンパワー (272):43.

石井雅之. 2004. 横須賀市久留和港南に漂着したオサガメについて. 潮騒だより (15):2.

石井雅之. 2008. 神奈川県におけるウミガメ類の記録. 神奈川自然誌資料 (29):83-89.

石井雅之・田中真一. 2004. 関東地方の漂着ウミガメ類--アカウミガメ・アオウミガメの骨格写真とともに. 動物考古学 (21):117-128.

石井忠. . オサガメ. 採集と飼育 40(9):483.

石井忠. . アカウミガメ. 採集と飼育 41(7):381.

伊藤勝敏. 1990. ウミガメのなみだ:産卵・ふ化、そして旅立ち. 大日本図書, 東京. 36p.

岩井洋一・佐渡山安公・下地一雄. 1993. 沖縄・宮古島城辺町の海岸に産卵上陸するウミガメ類と城辺町の保護へ向けての取り組み. うみがめニュースレター (15):9.

岩切勇二. 1990. 鹿児島県吹上浜におけるアカウミガメの生態(1989年). p. 1-8. ”ウミガメ生態調査報告書(2)”. 鹿児島県, 鹿児島.

岩本太志. 2000. 白塚海岸(三重県)ウミガメ騒動記. うみがめニュースレター 46:13.

岩本太志・石原孝・林旦雄・木野将克・若林郁夫・亀崎直樹. 2005. 三重県北部沿岸におけるアカウミガメ (Caretta caretta) の出現記録. 日本爬虫両棲類学会報 2005(2):109-111.

岩本俊孝・石井正敏・中島義人. 1991. 南九州のアカウミガメの生態と保護の現状. p. 271-289. 野生動物保護-21世紀への提言-. 日本自然保護協会, 東京.

岩本俊孝・石井正俊・中島義人・竹下完. 1986. アカウミガメの産卵周期と回遊. 遺伝40(10):82-87.

岩本俊孝・石井正敏・中島義人・竹下完・伊藤彰人. 1985. 宮崎市周辺に上陸するアカウミガメの産卵周期と回遊. 日本生態学会誌 35(4):505-511.

Iwamoto, T., M. Ishii, Y. Nakashima, H. Takeshita and A. Ito. 1985. Nesting cycles and migrations of the loggerhead sea turtle in Miyazaki, Japan. Jap. J. Ecol 35: 505-511.

岩崎明. 1997. 鹿児島県出水群長島町でのアカウミガメの救護の話. うみがめニュースレター 33:10.

伊沢邦彦・片岡照男・窪田三郎. 1964. アカウミガメC.C.Olivaceaの抗酸性菌による肺結核症について. 動物園水族館雑誌 6(3・4):76-79.

鹿児島県環境保護課. 1999. 鹿児島県におけるウミガメ卵の移植及び子ガメの放流会実施に当たっての留意事項. うみがめニュースレター 40:16.

海洋博覧会記念公園管理財団. 1984. 水族館等展示用ウミガメ類調査報告書. 海洋博覧会記念公園管理財団, 沖縄. 76p.

梶原武. 1973. インドネシア・フィリピン・マレ-シア・シンガポ-ルのタイマイに関する調査報告書. 日本べっこう協会, 長崎.

梶原武. 1979. カメ(海亀)のコミュニケ-ション (生物のコミュニケ-ション--人間以外の生物はいかにして情報を伝達しているのか) -- (爬虫類のコミュニケ-ション). エレクトロニクス 24(6):84-86.

梶原武. 1981. ウミガメの生物学. 採集と飼育 1981(9):466-471.

梶原武・内田至. 1974a. 東南アジアにおけるタイマイの生態と漁業. 爬虫両生類学雑誌5(3):39-47.

梶原武・内田至. 1974b. 海亀の生態と保護. 海洋科学 6(5):55-61.

柿沼好子・上田正文・水納屋淳児. 1988. 吹上浜におけるアカウミガメについて. 自然愛護14:4-5.

鎌田武. 1994. 蒲生田海岸のウミガメ情報. p. 59-65. 亀崎直樹・籔田慎司・菅沼弘行編. ”日本のウミガメの産卵地”. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

亀井陽太郎. 2001. 御前崎海岸の海浜断面について. うみがめニュースレター 48:2.

亀井陽太郎・田中幸記・稲谷和則・梶原千鶴・大滝陽美・大牟田一美. 1999. 屋久島田舎浜・前浜の海浜断面図について. うみがめニュースレター 40:7.

亀崎直樹. 1981. アカウミガメの産卵-飼育環境下での産卵と愛知県の現状-. エコロケ-ション 2(3):1-3.

亀崎直樹. 1982a. アカウミガメふ化晩期における稚ガメの漂着例. エコロケ-ション 3(2):32.

亀崎直樹. 1982b. オサガメの捕獲. エコロケ-ション 2(4):1-2.

亀崎直樹. 1983a. 渥美半島南西海岸におけるアカウミガメの産卵の現状. エコロケ-ション 3(3):1-4.

亀崎直樹. 1983b. 知多半島でふ化したウミガメがアカウミガメとタイマイとの雑種の可能性について. 爬虫両棲類学雑誌 10:52-53.

亀崎直樹. 1983c. ウミガメの卵の人工ふ化について. エコロケ-ション 3(4):1-2.

亀崎直樹. 1984a. ウミガメの卵を食害するシロスジコガネの幼虫について. エコロケ-ション 4(1):3-4.

亀崎直樹. 1984b. 八重山列島近海産タイマイの食性. エコロケ-ション 5(1):9-10.

亀崎直樹. 1984c. 八重山列島における造礁サンゴ類の白化現象. 海中公園情報 (61):10-13.

亀崎直樹. 1985a. アカウミガメとタイマイの雑種. エコロケ-ション 6(1・2):3-4, 5-6.

亀崎直樹. 1985b. 八重山群島新城島におけるタイマイの産卵場の新記録. 沖縄生物学会誌 23:41-42.

亀崎直樹. 1986. ウミガメの産卵跡及び卵から産卵種を決定する方法. エコロケ-ション6(3):3-4.

Kamezaki, N. 1986. Notes on the Nesting of the Sea Turtles in the Yaeyama Group, Ryukyu Archipelago. Jpn. J. Herpetol 11(3):152-155.

Kamezaki, N. 1987. Recapture of the Hawksbill Turtle, Eretmochelys imbricata (LINNE), in the Yaeyama Islands, Ryukyu Archipelago. Galaxea 6:17-20.

亀崎直樹. 1987a. 石西礁湖海域のイシサンゴ類およびオニヒトデの動態(1983-86年). 海中公園情報 (74):12-17.

亀崎直樹. 1987b. 八重山群島におけるウミガメ類の産卵. p. 367-389. ”八重山文化論叢”. 喜舎場永殉生誕百年記念事業期成会, 沖縄.

亀崎直樹. 1988. ウミガメ類. p. 288-299. 諸喜田茂充編著 サンゴ礁域の増養殖. 緑書房, 東京.

Kamezaki, N. 1989a. Karyotype of the Loggerhead Turtle, Caretta caretta, from Japan. Zoological Science 6: 421-422.

亀崎直樹. 1989. 南西諸島のウミガメ類の産卵場. うみがめニュースレター (1):7-12.

Kamezaki, N. 1989b. The Nesting of Sea Turtles in the Ryukyu Archipelago and Taiwan Main Islands. p. 342-348. M. Matsui, T. Hikida and R. C. Goris(eds.) "Current Herpetology in East Asia". Herpetological Society Japan, Kyoto.

亀崎直樹. 1989. ウミガメ類の母浜回帰に関する研究について. うみがめニュースレター 2:8-11.

Kamezaki, N. 1990. Karyotype of hawksbill turtle, Eretmochelys imbricata, from Japan, with notes on a method for preparation of chromosomes from liver cells. Jpn. J. Herpetol. 13(4):111-113.

亀崎直樹. 1991a. 南西諸島で産卵するウミガメを追って. 野生生物. 21(5):2-7.

亀崎直樹. 1991b. 琉球列島におけるウミガメ類の産卵場の分布とその評価(予報). 沖縄生物学会誌 29:29-35.

亀崎直樹. 1992a. アメリカ合衆国ウミガメ学者訪問記. うみがめニュースレター 12:16-17.

亀崎直樹. 1992b. 孵化後飼育したウミガメ類の標識放流調査. うみがめニュースレター 13:12-14.

亀崎直樹(分担執筆). 1993a. 週刊朝日百科 動物達の地球100: 両生類・爬虫類4. 朝日新聞社, 東京.

亀崎直樹. 1993b. タイマイ問題と土井氏の会議の雑感に対してのコメント. うみがめニュースレター 16:21.

亀崎直樹. 1993c. 屋嘉比島を中心とした慶良間諸島のウミガメ類の産卵状況調査. みどりいし 4:4-7.

亀崎直樹. 1994a. 南西諸島のウミガメ類の産卵場. p. 7-15. 亀崎直樹・籔田慎司・菅沼弘行編 ”日本のウミガメの産卵地”. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

亀崎直樹. 1994b. 日本産およびオーストラリア産アカウミガメの形態比較. 爬虫両棲類学雑誌 15:140.

亀崎直樹. 1994c. オサガメ. p. 519-530. ”日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料(・)”. 水産資源保護協会, 東京.

亀崎直樹. 1994d. オーストラリア、ヘロン島とモンレポスのウミガメ産卵場見学. うみがめニュースレター 20:6.

亀崎直樹. 1994e. タイマイ. p.479-491. ”日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料(・)”. 水産資源保護協会, 東京.

亀崎直樹. 1994f. ウミガメ類の消化管から出現するプラスチックゴミに関する定量的情報のまとめ. うみがめニュースレター (22):9-14.

亀崎直樹. 1995. 海洋廃棄物とウミガメ. p. 36-51. 佐尾和子・丹後玲子・根本稔編. “プラスチックの海”. 海洋工学研究所, 東京.

亀崎直樹. 1996a. ハワイで開催された太平洋ウミガメ類の現況検討会議について. うみがめニュースレター 28:5.

亀崎直樹. 1996b. カメ目. p.56-58. 日本動物大百科5(両生爬虫類). 平凡社, 東京.

亀崎直樹. 1996c. 西太平洋海域におけるウミガメ類の生態と保全. ”シンポジウム: 屋嘉比島を中心とした慶良間諸島の動物相とその保全”. 太田英利・伊澤雅子監修. 沖縄島嶼研究. (14):1-22.

亀崎直樹. 1996d. プラスチックは便利だけれど: 第7回、ウミガメに対する影響. 私たちの自然377:12-14.

亀崎直樹(分担執筆). 1996e. 沖縄県天然記念物調査シリーズ第36集. ウミガメ類生息実態調査報告書1. 沖縄県教育委員会. 75p.

亀崎直樹(分担執筆). 1996f. 野生動物救護ハンドブック-日本産野生動物の取り扱い-. 野生動物救護ハンドブック編集委員会編. 文永堂. 279p.

亀崎直樹. 1997a. 第7回日本ウミガメ会議の報告. うみがめニュースレター 31:3.

亀崎直樹. 1997b. 宮古島城辺町におけるウミガメの産卵. p. 52-58. うみがめの故郷ぐすくべ(城辺町教育委員会ウミガメ調査報告書). 城辺町教育委員会, 沖縄.

亀崎直樹. 1997c. 日本のアカウミガメの生活を探る. 人環フォーラム/京都大学大学院人間・環境学研究科 (3):30-31.

亀崎直樹(分担執筆). 1997d. 温暖化に追われる生き物たち-生物多様性からの視点. 築地書館. 409p.

亀崎直樹(分担執筆). 1997e. レッドデータ兵庫の野生動物. 神戸新聞総合出版センター.

亀崎直樹. 1998a. アカウミガメ. Super Aquarium(鳥羽水族館). (25):14-15.

亀崎直樹. 1998b. 第8回日本ウミガメ会議の報告. うみがめニュースレター 35:3.

亀崎直樹(分担執筆). 1998c. 沖縄県天然記念物調査シリーズ第38集. ウミガメ類生息実態調査報告書2. 沖縄県教育委員会. 95p.

亀崎直樹. 1998d. オサガメ. p. 244-245. 日本の希少な野生水生生物に関するデータブック(水産庁編). 日本水産資源保護協会.

亀崎直樹. 1998e. タイマイ. p. 242-243. 日本の希少な野生水生生物に関するデータブック(水産庁編). 日本水産資源保護協会.

亀崎直樹. 1999a. アカウミガメの産卵場としての熊本県の位置付け. 熊本県のアカウミガメ.熊本県, 熊本.

亀崎直樹. 1999b. 民族博物誌65:アカウミガメ. 月刊みんぱく 1999-10:20-21.

亀崎直樹. 1999c. スラウェシ島ウジュンパンダンにあったヒメウミガメの剥製(ナチュラルヒストリーノート). うみがめニュースレター 40:17.

亀崎直樹. 1999d. ウミガメ運命ゲームとその遊び方. うみがめニュースレター 42:14.

亀崎直樹. 2000a. 「アカウミガメ上陸調査」の歴史について. 徳島県ネイチャー通信 11:5.

亀崎直樹. 2000b. 第10回日本ウミガメ会議(御前崎会議)の報告:公開討論会「遠州灘海岸のウミガメと砂浜を考える」の報告. うみがめニュースレター 43:3.

亀崎直樹. 2000c.ウミガメ. 73-150. 現代日本生物誌 イルカとウミガメ: 海を旅する動物のいま. 岩波書店, 東京.

亀崎直樹(分担執筆). 2000d. レッドデータアニマルズ. 講談社.

亀崎直樹. 2003a. ウミガメからみた沿岸域,特に砂浜と海岸の現状と未来. 沿岸域 16(1):45-53.

亀崎直樹. 2003b. 日本ウミガメ協議会のめざす浜. everblue 2:56.

亀崎直樹. 2003c. 日本とウミガメ. everblue 3:20-21.

亀崎直樹. 2007a. 自然公園とウミガメの保護 (特集 自然公園法50周年・海と自然公園) . 国立公園 (655):12-15.

亀崎直樹. 2007b. ウミガメと砂浜環境. 社団法人海と渚環境美化推進機構. 28.

Kamezaki, N. and K. Hirate. 1992. Size composition and migratory cases of hawksbill turtles, Eretmochelys imbricata, inhabiting the waters of the Yaeyama Islands, Ryukyu Archipelago. Jpn. J. Herpetol 14:166-169.

亀崎直樹・黒柳賢治. 1991. 日本産アカウミガメのTSD. うみがめニュースレター 7:8-10.

亀崎直樹・黒柳賢治. 1999. 写真で見る黒島西の浜の侵食(ナチュラルヒストリーノート). うみがめニュースレター 41:14.

亀崎直樹・黒柳賢治. 2000. ウミガメを教材として使う教育活動とその際の注意事項. うみがめニュースレター 44:7.

Kamezaki, N. and M. Matsui. 1995. Geographic variation in skull morphology of the green turtle, Chelonia mydas, with a taxonomic discussion. J. Herpetol 29(1): 51-60.

Kamezaki, N. and M. Matsui. 1997. Allometry in the loggerhead turtle, Caretta caretta. Chelonian Conservation and Biology 2(3): 421-425.

亀崎直樹・松井正文. 1997a. 日本におけるウミガメの生物学的研究. 爬虫両棲類学雑誌 17(1):16-32.

亀崎直樹・松井正文. 1997b. 日本におけるウミガメ類の生物学的研究. 沖縄生物学会誌 35:1-18.

Kamezaki, N. and M. Matsui. 1998. Morphological comparisons in skulls of loggerhead turtle, Caretta caretta, among three rookeries of Australia, Florida and Japan. Proceedings of 18th International Sea Turtle Symposium: 86-87.

亀崎直樹・並河鷹夫. 1984. アカウミガメとタイマイの雑種の電気泳動法による判定. 爬虫両棲類学雑誌 10:108.

亀崎直樹・大牟田一美. 1999. 第9回日本ウミガメ会議の報告. うみがめニュースレター 39:3.

亀崎直樹・坂本いずみ. 1994. モルジブにおけるウミガメ類に関する記録. うみがめニュースレター 22:3.

亀崎直樹・菅沼弘行. 1991. 第1回日本ウミガメ会議の報告. うみがめニュースレター 7:11-17.

亀崎直樹・横地洋之. 1986. 西表島におけるタイマイの幼体の打ち上げ. AKAMATA 3:9-10.

亀崎直樹・服部正策・鈴木博. 2001. 奄美諸島・加計呂麻島におけるタイマイ繁殖の初記録. 爬虫両棲類学会報 2001. 16-17.

亀崎直樹・平手康市・重井明男. 1995. 八重山海域におけるアオウミガメの成長例. Akamata (11):27-28.

亀崎直樹・小守桃世・堀越和夫. 1998. 飼育環境下でのタイマイの成長例. うみがめニュースレター 37:7-11.

亀崎直樹・黒柳賢治・菅沼弘行. 1993. 第3回日本ウミガメ会議の報告. うみがめニュースレター 15:3-6.

亀崎直樹・黒柳賢治・杉山重実. 1998. ウミガメ類幼体への体内標識挿入の試み. うみがめニュースレター 36:10-12.

亀崎直樹・中島義人・石井正敏. 1996. 速報:宮崎県堀之内海岸で孵化したアカウミガメとアオウミガメの雑種. うみがめニュースレター (30):7-9.

亀崎直樹・中西聡明・玉置照夫. 1993. クロガシラウミヘビの捕食行動の1例. I.O.P. Diving News 4(7):2-3.

亀崎直樹・大牟田一美・田中幸記. 1999. 屋久島前浜に上陸した種を判別できないウミガメについて. うみがめニュースレター 41:8-11.

亀崎直樹・坂本敬琴・菅沼弘行. 1996. 第6回日本ウミガメ会議の報告. うみがめニュースレター 27:10.

亀崎直樹・菅沼弘行・薮田慎司. 1994. 日本のウミガメの産卵地. 日本ウミガメ協議会, 大阪. 127p.

亀崎直樹・栃本武良・井口利枝子. 1999. 大阪湾およびその周辺におけるアカウミガメ産卵の記録. うみがめニュースレター 42:8-9.

亀崎直樹・通事祐子・松沢慶将編. 2002. 日本のアカウミガメの産卵と砂浜環境の現状 = Current Status of Japanese Loggerhead Turtle Nesting and Beach Environment. 日本ウミガメ協議会, 大阪. 157p.

亀崎直樹・横地洋之・浅井康行. 1997. 西表島近海におけるタイマイの成長例. うみがめニュースレター 33:6.

亀崎直樹・後藤清・玉井済夫・菅沼弘行. 1994. 第4回日本ウミガメ会議の報告. うみがめニュースレター 19:17.

亀崎直樹・栗飯原玲子・山賀智子・阪本いづみ. 2002. タイマイのイボクラゲ摂食行動の観察例. 伊豆海洋公園通信 13(10):2-3.

亀崎直樹・宮城康一・岩瀬文人・柏原正尚. 1992. 八重山諸島における砂浜の環境要因とウミガメ類の産卵との関係. p. 56-69. ”八重山諸島における海洋動物繁殖地等の保全対策検討調査報告書”. 環境庁自然保護局西表国立公園管理事務所, 沖縄.

Kamezaki, N., K. Oki, K. Mizuno, T. Toji and O. Doi. 2002. First nesting record of the leatherback turtle, Dermochelys coriacea, in Japan. Current Herpetology 21(2): 95-97.

亀崎直樹・後藤清・松沢慶将・中島義人・大牟田一美・佐藤克文. 1995. 日本で産卵するアカウミガメのサイズ. うみがめニュースレター 26:12-13.

亀崎直樹・大牟田一美・大牟田幸久・佐藤文宏・谷崎樹生・宮平秀幸・福永純子. 1995. 南西諸島におけるヒメウミガメの漂着3例. うみがめニュースレター 24:6.

亀崎直樹・宮脇逸朗・菅沼弘行・大牟田一美・中島義人・後藤清・佐藤克文・松沢慶将・鮫島正道・石井正敏・岩本俊孝. 1997. 日本産アカウミガメ(Caretta caretta)の産卵後の回遊. 野生生物保護 3(1):29-39.

Kamazaki, N., Y. Matsuzawa, O. Abe, H. Asakawa, T. Fujii, K. Goto, S. Hagino, M. Hayami, M. Ishii, T. Iwamoto, T. Kamata, H. Kato, J. Kodama, Y. Kondo, I. Miyawaki, K. Mizobuchi, Y. Nakamura, Y. Nakashima, H. Naruse, K. Omuta, M. Samejima, H. Suganuma, H. Takeshita, T. Tanaka, T. Toji, M. Uematsu, A. Yamamoto, T. Yamato and I. Wakabayashi. 2003. Loggerhead Turtles Nesting in Japan. p. 210-217. In: Bolten, A. B. and Witherington, B. E. (eds.) Loggerhead Sea Turtles. Smithsonian Books, Washington, D.C.

鴨川シーワールド. 2006. ウミガメ類の飼育. 動物園水族館雑誌 47(2): 39-52.

金澤智. 2006. 旅して発見!(60)遠州灘で産卵するアカウミガメ. 日経サイエンス. 36(10), (420):114-116.

金子与止男. 2000. タイマイの保全とべっ甲取引--キューバのダウンリスト提案との関連において. 水産週報 (1511):10-12.

環境省自然環境局生物多様性センター. 2002. 浅海域生態系調査 (ウミガメ調査) 報告書. 環境省自然環境局生物多様性センター, 静岡. 26p.

環境庁. 1992. “八重山諸島における海洋動物繁殖地等の保全対策検討調査報告書”. 環境庁自然保護局西表国立公園管理事務所, 沖縄. 87p.

菅野健夫. 1980. 屋久島”いなか浜”におけるウミガメの産卵行動の研究. アニマ. 93:68-72.

菅野健夫. 1982. ウミガメの生態学的研究-ウミガメの甲長及び甲幅の変化(甲長率変化)について-. 海中公園情報 (57):10-13.

菅野健夫. 1998a. 千葉県房総半島南部の砂浜に上陸するアカウミガメについて. うみがめニュースレター 35:27.

菅野健夫. 1998b. 牧逸馬さんの死を悼む. うみがめニュースレター 37:12.

菅野健夫. 2000. 河原崎先生の思い出. うみがめニュースレター 44:11.

菅野健夫. 2001. フィリピン・ルソン島で見られたウミガメの甲羅について. うみがめニュースレター 47:30.

菅野健夫. ????. 屋久島のウミガメ.

菅野健夫・大牟田一美. 2000. 屋久島「いなか浜」におけるウミガメの産卵行動. 千葉生物誌 50(1):34-44.

Karashima, J. 1929a. Beitrage zur Embryochemie der Reptilien. 5 . Uber das Verhalten der anorganischen Bestandteile bei der Bebrutung von Meerschildkroteneies. J. Biochem(Tokyo) 10:369-374.

Karashima, J. 1929b. Beitrage zur Embryochemie der Reptilien. 5 . Uber das Verhalten der Fette bei der Bebrutung von Meerschildkroteneies. J. Biochem(Tokyo) 10:375-377.

Karl, S. A., B. W. Bowen and J. C. Avise. 1992. Global population genetic structure and male-mediated gene flow in the green turtle (Chelonia mydas): REFLP analyses of anonymous nuclear loci. Genetics 131(1):163-173.

加藤弘・小林時美・亀崎直樹. 1995. 遠州灘海岸浜名湖以西の後背景観の写真記録(1994年). うみがめニュースレター 25:16.

加藤弘・西土浩史・牧野伸一・亀崎直樹. 1993. 遠州灘海岸浜名湖以西区のアカウミガメの上陸・産卵(1992年)と環境の関係. うみがめニュースレター (16):7-11.

川端善一郎・金梵奎・藤山美幸・晦日房和. 1996. ウミガメの線維芽細菌における熱ストレス応答について. 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集. 19:177.

川辺良一. 1976. アカウミガメのふ化. 志摩マリンランドクオータリー 15:3.

川辺良一. 1977. アカウミガメの子ガメの標識放流. 志摩マリンランドクオータリー 20/21:2-4.

川上靖・一澤圭・安藤重敏. 2008. 鳥取県沿岸に漂着した大型動物および漁獲された稀な動物の記録(2006年~2007年). 鳥取県立博物館研究報告 (45):17-22.

川上靖・清末幸久・一澤圭・平尾和幸・安藤重敏. 2006. 鳥取県沿岸における漂着動物(2004年1月〜2005年12月)とアカウミガメに付着していた暖海性紅藻類トゲキヌイトグサ Antithamnion tanakae. 鳥取県立博物館研究報告 (43):1-5.

川村軍蔵. 1997. 魚類の生態からみた漁法の検討(67)ふぐ篭のアカウミガメによる被害. 水産の研究. 16(1):52-55.

川村軍蔵・松永ふうま・田中淑人. 2002. 弁別学習実験で確認されたアカウミガメの色覚. 日本水産学会誌 68(4):542-546.

河原崎芳郎. 1986. 昭和60年度アカウミガメの観察記録. 御前崎町教育委員会, 静岡.

河原崎芳郎. 1988a. 昭和62年度御前崎海岸におけるアカウミガメ生態調査報告. 御前崎町教育委員会, 静岡.

河原崎芳郎. 1988b. 昭和62年度ウミガメのふ化実験と調査. 御前崎町教育委員会, 静岡.

河原崎芳郎. 1989. 昭和63年度御前崎のウミガメ及びその産卵地. 御前崎町教育委員会, 静岡.

河原崎芳郎. 1990a. 平成元年度アカウミガメの上陸・産卵調査報告. 御前崎町教育委員会, 静岡.

河原崎芳郎. 1990b. 平成元年度ウミガメのふ化調査記録. 御前崎町教育委員会, 静岡.

紀伊半島ウミガメ情報交換会・日本ウミガメ協議会. 1994. ウミガメは減っているか~その保護と未来~. 紀伊半島ウミガメ情報交換会・日本ウミガメ協議会編, 和歌山. 117p.

Kikukawa, A., N. Kamezaki, K. Hirate and H. Ota. 1996. Distribution of nesting sites of sea turtles in Okinawajima and adjacent islands of the central Ryukyus, Japan. Chelonian Conserv. Biol 99-101.

Kikukawa, A., N. Kamezaki, and H. Ota. 1999. Current status of the sea turtles nesting on Okinawajima and adjacent islands of the central Ryukyus, Japan. Biological Conservation 87: 149-153.

Kikukawa, A., N. Kamezaki, and H. Ota. 1999. Facters affecting nesting beach selection by the sea turtles: A multiple regression approach. Journal of Zoology 249: 447-454.

菊川章・亀崎直樹・平手康市・中山愛子・太田英利. 1996. 沖縄島とその周辺離島におけるウミガメ類の産卵場の分布. うみがめニュースレター (30):3-6.

近畿中国ブロック水族館. 1982. 水族の体長と体重との関係. 動物園水族館雑誌 23:62-80.

木下裕美子・木村由紀子・水嶋亜耶乃・米澤里美. 2000. 鹿児島県馬毛島におけるアカウミガメの初繁殖記録(ナチュラルヒストリーノート). うみがめニュースレター 45:14.

北見健彦. 1972. タイマイの体表に着生した蔓脚類. 新潟県生物教育研究会会誌. 8(4).

北見健彦・本間義治・吉江紀夫. 1975. 新潟地方へ漂着したウミヘビとウミガメの記録. 爬虫両棲類学雑誌 6 (2): 50-51.

Kobayashi, D. R., J. J. Polovina, D. M. Parker, N. Kamezaki, I-J. Cheng, I. Uchida, P. H. Dutton and G. H. Balazs. 2008. Pelagic habitat characterization of loggerhead sea turtles, Caretta caretta, in the North Pacific Ocean (1997-2006): Insights from satellite tag tracking and remotely sensed data. Journal of Experimental Marine Biology and Ecology 356(1-2): 96-114.

Kobayashi, M. 2000. An analysis of the growth based on the size and age distributions of the hawksbill sea turtle inhabiting Cuban waters. Japanese Journal of Veterinary Research 48(2-3): 129-135.

小林雅人. 1993. 海洋生物学における数理モデルの役割. うみがめニュースレター 16:32.

小林雅人. 1997. アカウミガメにとってやさしい道路とはなにか. うみがめニュースレター 34:3.

古賀克也・福永隆生・村尾実. 1973. 家禽類と海亀の卵黄の一般成分およびアミノ酸について. 鹿兒島大學農學部學術報告 23:241-247.

小島孝夫. 2003. 漁業の近代化と漁撈儀礼の変容:千葉県銚子市川口神社ウミガメ埋葬習俗を事例に. 日本常民文化紀要 23:141-205.

小牧敏郎. 1967. 海亀卵脂肪の脂肪酸組成:ペーパークロマトグラフィーによる検出(昭和 41 年度九州地区化学教育研究協議会化学教育関係研究発表の講演要旨). 化学教育 15(1):162.

米須邦雄. 1998. 沖縄県大宜味村のウミガメの繁殖について. うみがめニュースレター 37:5.

小南寛彦. 1990. 魚類等の行動に関する基礎実験結果--音・光等に対するイワシ・ウミガメの行動. 総研報告 45:77-84.

小守桃世・堀越和夫. 1998. 双子のアオウミガメふ化稚ガメ(ナチュラルヒストリーノート). うみがめニュースレター 38:16.

近藤金助・長島正夫・森重新一. 1939. 海龜卵黄のヴイテリンに關する吸收スペクトル研究. 日本農芸化学会誌 15(8):737-743.

近藤鉄也. 2000. 漂着タイマイ稚ガメの飼育. うみがめニュースレター 46:8.

近藤鉄也. 2001. 人工飼料を用いたタイマイの飼育. うみがめニュースレター. 48:8.

近藤鉄也・亀崎直樹. 2000. 西表島におけるアオウミガメの交尾観察例(ナチュラルヒストリーノート). うみがめニュースレター 45:11.

近藤鉄也・小寺昌彦. 2001. 西表島南西部海岸におけるウミガメ類の産卵状況. うみがめニュースレター 47:30.

近藤鉄也・黒柳賢治. 2000. 八重山諸島黒島「西の浜」におけるウミガメ類の産卵状況(1998-1999年). うみがめニュースレター 43:32.

近藤鉄也・小寺昌彦・浅井康行・黒柳賢治・野村恵一・御前洋・森美枝・岩瀬文人・佐藤文宏・重井明男. 2000. 八重山諸島、黒島「西の浜」におけるウミガメ類の上陸産卵状況(1991-2000). 海中公園情報 129:3-7.

近藤康男. 1968. アカウミガメ. 海亀研究同人会, 徳島. 96p.

近藤康男. 1994. 徳島県日和佐海岸におけるアカウミガメの上陸頭数(1950-54年). p. 51-53.亀崎直樹・籔田慎司・菅沼弘行編 ”日本のウミガメの産卵地”. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

香原和志. 1999. ウミガメの旅:太平洋2万キロ. ポプラ社, 東京. 95p.

久保田正. 1981. 大型動物の海岸への漂着-駿河湾湾奥部における記録-. 海のはくぶつかん. 11(3):4-6.

工藤宏美・北川貴士・木村伸吾・渡辺達三. 2004. 屋久島におけるアカウミガメ孵化幼体の脱出に与える踏圧の影響. 水産海洋研究 68(4):225-231.

Kudo, H., A. Murakami and S. Watanabe. 2003. Effects of Sand Hardness and Human Beach Use on Emergence Success of Loggerhead Sea Turtles On Yakushima Island,Japan. CHELONIAN CONSERVATION AND BIOLOGY 4(3): 695-696.

熊木文一・本間義治. 1976. 新潟県柿崎海岸へ漂着したヒメウミガメ. 新潟県生物教育研究会誌. 11(21):58-60.

熊本県. 1999. 熊本県のアカウミガメ. 熊本県環境生活部自然保護課, 熊本. 35p.

倉持卓司・渡辺政美・石井雅之・池田等. 2004. 2000-2003年に三浦半島に漂着したウミガメ類. 潮騒だより. (15):5.

倉本満. 1982. アカウミガメ. p. 161-167. 環境庁編 日本の重要な両生類・は虫類の分布(全国版).

倉本満. 1982. アオウミガメ. p. 168-172. 環境庁編 日本の重要な両生類・は虫類の分布(全国版).

倉本満. 1982. タイマイ. p. 173-178. 環境庁編 日本の重要な両生類・は虫類の分布(全国版).

倉本満・石井忠. 2003. 福岡県のウミガメ--産卵と漂着の記録. 爬虫両棲類学会報 2003(1):2-7.

倉田洋二. 1978. 小笠原産アオウミガメの増殖について-(1)標識放流結果から見た回遊(講演要旨). 爬虫両生類学雑誌 7(4):103.

倉田洋二. 1981. アオウミガメ-ウミガメの島小笠原で研究された生活史. 採集と飼育 1981(9):477-481.

倉田洋二. 1983. 海亀の増養殖とその将来性. 沖縄問題研究シリ-ズ第74号. 沖縄協会.

倉田洋二・広瀬泉. 1969. アオウミガメの増殖経過と実績. 小笠原諸島水産開発基礎調査報告. 東京都水産試験場調査研究要報 (83):161-186.

Kuratani, S. 1987. The development of the orbital region of Caretta caretta (Chelonia, Reptilia). J. Anat. 154:187-200.

Kuratani, S. 1999. Development of the Chondrocranium of the Loggerhead Turtle, Caretta caretta. Zoological Science 16(5): 803-818.

呉羽和男. 1989. アカウミガメの生態調査. 山のうえのさかなたち 20:5-6.

栗林健二郎. 1998. 福島県日和佐町大浜海岸における産卵状況について. うみがめニュースレター 36:7.

栗原健夫・大牟田一美. 1994. 屋久島におけるアカウミガメ産卵間隔の時間変動について.   p. 31-34. 亀崎直樹・籔田慎司・菅沼弘行編 “日本のウミガメの産卵地”. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

黒柳賢治. 1989. 愛知県におけるアカウミガメの幼体の放流. うみがめニュースレター 3:15.

黒柳賢治. 1990. アカウミガメの人工孵化と標識放流. エコロケ-ション 10(4):2-3.

黒柳賢治. 1991a. 小野浦で産卵したアカウミガメ(1). エコロケ-ション 11(3・4):3-4.

黒柳賢治. 1991b. 知多半島の定置網で混獲死亡したアカウミガメ2例. うみがめニュースレター 10:5.

黒柳賢治. 1991c. ウミガメ保護キャンペ-ンを開催して. うみがめニュースレター 10:7.

黒柳賢治. 1994. 1981年から1990年の10年間における知多半島でのアカウミガメの産卵例. p. 91-93. 亀崎直樹・籔田慎司・菅沼弘行編 “日本のウミガメの産卵地”. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

黒柳賢治・亀崎直樹. 1998. 放流後10年経過して採補されたタイマイ. うみがめニュースレター 37:11-12.

黒柳賢治・増田元保. 1992. 愛知県沿岸域におけるヒメウミガメの捕獲2例. うみがめニュースレター 12:15.

黒柳賢治・亀崎直樹・小林雅人. 2001. 飼育下で育ったアオウミガメの自然環境下での行動追跡. うみがめニュースレター 48:13.

黒柳賢治・亀崎直樹・大池辰也・大牟田一美. 1998. 体内標識を挿入したウミガメの放流リスト. うみがめニュースレター 36:13.

Kusui, K.. 1930. Embryochemische Untersuchungen mittels der Injektionsmethode. 3 . Uber das Verhalten des Cholesterins im bebruteten Huhnerei bei Adrenalin-und Ephedrininjektion. Z. Physiol. Chem 187:210-213.

Kusui, K. 1932. Beitrage zur Embryochemie der Reptilien. IX. Uber das Verhalten des Ovovitellins bei der Bebrutung des Meerschildkroteneies. J. Biochem. (Tokyo) 15: 325-330.

Kuwana, T., E. Ninomiya, Y. Miyayama, A. Ukeshima and T. Fujimoto. 1980. Ultrastructural observations on primordial germ cells in extragonadal locations on the turtle embryo, Caretta caretta. Kumamoto Med. J., 33(3):59-65.

京都府立海洋センター. 1997. 油まみれの子亀を救出!(ナチュラルヒストリーノート). うみがめニュースレター 33:13.

馬塚丈司. 1991. 遠州灘におけるアカウミガメの保護. p. 271-280. 野生動物保護-21世紀への提言-. 日本自然保護協会, 東京.

前田洋志・木村ジョンソン. 1995. 小笠原近海で捕獲されたアカウミガメ幼体の3個体目の記録. うみがめニュースレター 24:5.

Makino, S.. 1952. The chromosomes of the sea turtle, Chelonia japonica, with evidence of female heterogamety. Annot. Zool. Japon. 25:250-257.

Marguerite, H. 1998. ウミガメをめぐるWTO裁定は妥当か--市場の自由と地球環境問題の狭間で拡大する貿易競争. 日経サイエンス 28(11):126-127.

増田茂夫・山本明夫. 1998. 静岡県相良海岸アカウミガメ上陸産卵孵化報告(1995-97). うみがめニュースレター 37:16.

松井健. 2001. マイナー・サブシステンスと琉球の特殊動物--ジュゴンとウミガメ. 国立歴史民俗博物館研究報告 87:75-90.

松村初男. 1996. ウミガメ類. p. 61-72. 石川県両生爬虫類研究会編 “石川県の両生・爬虫類”. 石川県, 石川.

松野高至・赤根宏. 1991. アオウミガメ標識放流調査に参加して. うみがめニュースレター 10:8-9.

松浦郁雄. 1992. 鹿児島県吹上浜におけるアカウミガメの生態(1991年). p. 21-27. “ウミガメ生態調査報告書(4)”. 鹿児島県, 鹿児島.

Matsuura, I and K. Nakamura. 1993. Attachiment Pattern of the Turtle Barnacle Chelonibia testudinaria on Carapace of Nesting loggerhead turtle Caretta caretta. Nippon suisan Gakkaishi. 59(10).

松沢慶将. 1996. 第16回国際ウミガメシンポジウムの参加報告. うみがめニュースレター 28:8.

松沢慶将. 1997. インターネットでウミガメ情報. うみがめニュースレター 33:3.

松沢慶将. 2003a. 足摺岬は出会いの場!?産卵前のウミガメを追跡. 自然保護 476:19.

松沢慶将. 2003b. 砂浜とウミガメ-護られる海岸,壊される産卵地-. everblue 3:24-25.

松沢慶将. 2009. ウミガメ保護と日本ウミガメ協議会. p. 191-207. 足立辰雄・所伸之編著. サステナビリティと経営学. ミネルヴァ書房, 京都.

松沢慶将・亀崎直樹. 2008. ウミガメ類におけるマーキング法 (特集 両生類・爬虫類におけるマーキング法) . 爬虫両棲類学会報 2008(2):133-137.

松沢慶将・坂本亘. 1994. 日本列島における主なウミガメ産卵場の砂中温度環境-1993年度報告-. うみがめニュースレター 21:9.

松沢慶将・坂東武治・坂本亘. 1995. 南部町千里浜海岸におけるアカウミガメ産卵巣の深度分布と各深度ごとの砂中温度. うみがめニュースレター 26:3.

Matsuzawa, Y., K. Sato, W. Sakamoto and K. A. Bjorndal. 2002. Seasonal fluctuations in sand temperature:effects on the incubation period and mortality of loggerhead sea turtle(Caretta caretta) pre-emergent hatchlings in Minabe, Japan. Marine Biology 140: 639-646.

松沢慶将・坂東武治・福原富士美・佐藤克文・坂本亘・南川真吾・玉井研二・後藤清. 1996. 1995年千里浜のアカウミガメの孵化状況-孵化率低下の原因について-. うみがめニュースレター (27):29.

丸山一子・中村一恵. 1999. 神奈川県におけるアカウミガメの記録. 神奈川自然誌資料(20):33-38.

丸山一子・中村一恵. 2000. 神奈川県におけるアオウミガメ・タイマイ・オサガメの記録. 神奈川県自然誌資料 (21):17-23.

Medrano, L., M. Dorizzi, F. Rimblot and C. Pieau. 1987. Karyotype of the sea-turtle Dermochelys coriacea (Vandelli, 1761). Amphibia-Reptilia 8: 171-178.

三木誠. 1989. 八丈島で捕獲されたオサガメ. うみがめニュースレター 4:8.

南行晃. 1992. 教育・文化と地域づくり-3-三重県紀宝(きほう)町--ウミガメからの贈り物. 文部時報 (1386):55-57.

Milliken, T and H. Tokunaga. 1986. The Japanese sea turtle trade, 1970-1986. A Special Report Traffic (Japan).

皆川哲夫(のとじま臨海公園水族館). 1997. アオウミガメ、約5ヶ月半ぶりに日本海へ戻る(ナチュラルヒストリーノート). うみがめニュースレター 34:16.

南川真吾. 1997. 第17回Sea Turtle Symosiumに参加して. うみがめニュースレター 32:3.

南川真吾. 1997. 潜水深度,遊泳速度のデータからみたアカウミガメの潜水時における浮力調節について. 海洋. 29(3):168-173.

南川真吾. 2001. マイクロデータロガーによるアカウミガメの潜水行動の研究. 海洋と生物. 23(6). (137):553-558.

Minamikawa, S., Y. Naito, K. Sato, Y. Matsuzawa, T. Bando and W. Sakamoto. 2000. Maintenance of neutral buoyancy by depth selection in the loggerhead turtle Caretta caretta. J. Exp. Biol. 203(19): 2967-2975.

Minamikawa, S., Y. Naito and I. Uchida. 1997. Buoyancy control in diving behavior of the loggerhead turtle, Caretta caretta. JOURNAL OF ETHOLOGY. 15(2): 109-118.

湊 顕・小友 進. 1969. 海亀油成分の研究(第5報): Sterolの組成について. 藥學雜誌. 89(8):1056-1060.

御前洋. 1978. ウミガメの観察(・). マリンパビリオン(串本海中公園). 7:62-63.

御前洋. 1978. ウミガメの観察(・). マリンパビリオン(串本海中公園). 8:8-9.

御前洋. 1978. ウミガメの観察(・). マリンパビリオン(串本海中公園). 8:32-33.

箕作佳吉. 1891. うみがめノ産卵ニ就キテ. 動物学雑誌. 35:362-368.

Mitsukuri, K. 1892. Further studies on the formation of the germinal layers in Chelonia. J. Coll. Sci. Imp. Univ. Japan. 5(1): 35-52.

Mitsukuri, K. 1894. On the process of gastrulation in Chelonia. J. Coll. Sci. Imp. Univ. Japan, Tokyo. 6(4): 227-277.

Mitsukuri, K. 1896-98. On the fate of the blastopore, The relations of the primitive streaks, and the formation of the posterior end of the embryo in Chelonia, together with remarks on the nature of meroblastic ova in vertebrates. J. Coll. Sci. Imp. Univ., Tokyo. 10:1-116.

Mitsukuri, K. 1904. The cultivation of marine and fresh water animals in Japan. Bull. U.S. Bur. Fish. 24: 259-289.

三浦三郎. 1960. アカウミガメの腎の血管系の発生. 解剖誌. 35:525-557.

箕輪一博・青柳彰・中村幸弘・本間義治. 2004. 新潟県沿岸で採捕された海産爬虫類の記録続報-1994年以降. 柏崎市立博物館館報. (18):71.

宮形佳孝. 2001. 第21回国際ウミガメ会議(フィラデルフィア)の参加報告. うみがめニュースレター. 48:17.

宮形佳孝・大鹿達弥. 2003. 兵庫県洲本市由良におけるアカウミガメの産卵と初孵化の記録. 兵庫陸水生物. 55:39-41.

宮平秀幸・岡島友恵・米澤里美・木下裕美子・水嶋亜耶乃・姉崎麻美子. 2000. 沖縄慶良間諸島座間味島に産卵するウミガメ類の種組成と産卵場の分布(1999年). うみがめニュースレター. 45:3.

宮脇逸朗. 1972. 人工産卵場におけるアカウミガメの産卵. マリンパビリオン(串本海中公園). 1:2.

宮脇逸朗. 1973a. アカウミガメとその寄生虫. マリンパビリオン(串本海中公園). 2:60.

宮脇逸朗. 1973b. ウミガメの標識放流. マリンパビリオン(串本海中公園). 2(12):72.

宮脇逸朗. 1974. ウミガメの標識放流 その2. マリンパビリオン(串本海中公園). 3:45.

宮脇逸朗. 1975. ウミガメの標識放流 その3-アオウミガメつかまる. マリンパビリオン(串本海中公園). 4:71.

宮脇逸朗. 1976a. 再捕されたアカウミガメと標識筒. マリンパビリオン(串本海中公園). 5:8.

宮脇逸朗. 1976b. 頭蓋骨陥没、左目失明. マリンパビリオン(串本海中公園). 6:20.

宮脇逸朗. 1977. 鱗板の異なるアオウミガメの剥製. マリンパビリオン(串本海中公園). 6:38.

宮脇逸朗. 1978a. ヒメウミガメの剥製. マリンパビリオン(串本海中公園). 7:17.

宮脇逸朗. 1978b. 黒島で生まれたタイマイの子ガメの搬入と飼育. マリンパビリオン(串本海中公園). 7:64-65.

宮脇逸朗. 1979. タイマイの成長(1). マリンパビリオン(串本海中公園). 8:10-11.

宮脇逸朗. 1981. 八重山列島黒島で産卵するウミガメ類. 海中公園情報. (53): 15-18.

宮脇逸朗. 1982a. 西の浜独歩記(1)ウミガメの上陸を探して. マリンパビリオン(串本海中公園). 11:26-27.

宮脇逸朗. 1982b. 西の浜独歩記(2)ゴキブリの飛翔とウミガメの上陸. マリンパビリオン(串本海中公園). 11:38-39.

宮脇逸朗. 1982c. 西の浜独歩記(3)黒島に上陸したウミガメ達. マリンパビリオン(串本海中公園). 11:62-63.

宮脇逸朗. 1982d. 西の浜独歩記(4)子ガメのふ化. マリンパビリオン(串本海中公園). 11:62-63.

宮脇逸朗. 1983a. 西の浜独歩記(5)ライトに誘引された母ガメ. マリンパビリオン(串本海中公園). 12:10-11.

宮脇逸朗. 1983b. 西の浜独歩記(6)砂の目つぶし. マリンパビリオン(串本海中公園). 12:20-21.

宮脇逸朗. 1983c. テントを使ったオサガメの飼育. マリンパビリオン(串本海中公園). 12:41.

宮脇逸朗. 1984a. オサガメの死. マリンパビリオン(串本海中公園). 13(3):14.

宮脇逸朗. 1984b. 田子に上陸したアカウミガメと子ガメの話. マリンパビリオン(串本海中公園). 13:59.

宮脇逸朗. 1984c. タイマイの変わり種. マリンパビリオン(串本海中公園). 13:70.

宮脇逸朗. 1985. 放流した子ガメの鱗板数. マリンパビリオン(串本海中公園). 14:50.

宮脇逸朗. 1986a. 人工産卵場でのアカウミガメの産卵状況. マリンパビリオン(串本海中公園). 15:50-51.

宮脇逸朗. 1986b. 人工産卵場でのアカウミガメの産卵状況(2). マリンパビリオン(串本海中公園). 15:68-69.

宮脇逸朗. 1987. 子ガメの起きあがり行動. マリンパビリオン(串本海中公園). 4:20.

宮脇逸朗. 1987a. 放流されたオサガメ. マリンパビリオン(串本海中公園).

宮脇逸朗. 1987b. 人工産卵場でのアカウミガメの産卵状況(3). マリンパビリオン(串本海中公園). 16:68-69.

宮脇逸朗. 1988a. 負傷したヒメウミガメの入館. マリンパビリオン(串本海中公園). 17:16.

宮脇逸朗. 1988b. 水温が異なる水槽で飼育したアカウミガメの子ガメの成長. マリンパビリオン(串本海中公園). 17:62-63.

宮脇逸朗. 1988c. 水槽内でのアカウミガメの交尾. マリンパビリオン(串本海中公園). 17:29.

宮脇逸朗. 1989a. 子ガメの起き上がり行動. うみがめニュースレター. 2:11.

宮脇逸朗. 1989b. 串本地方で捕獲されたアカウミガメの体格. マリンパビリオン(串本海中公園). 18:46.

宮脇逸朗. 1989c. 串本地方で捕獲されたアオウミガメの体格. マリンパビリオン(串本海中公園). 18:14.

宮脇逸朗. 1989d. 串本地方で捕獲されたタイマイ・ヒメウミガメ・オサガメの体格. マリンパビリオン(串本海中公園). 18:64.

宮脇逸朗. 1990. 人工産卵場で孵化した子ガメの回収策. マリンパビリオン(串本海中公園). 19:52.

宮脇逸朗. 1991. 人工産卵場でのアカウミガメの産卵状況(4). マリンパビリオン(串本海中公園). 20:8-9.

宮脇逸朗. 1992. ペレットを用いた仔アカウミガメの飼育. マリンパビリオン(串本海中公園). 21:4.

宮脇逸朗. 1994a. 飼育下でのアカウミガメの繁殖. うみがめニュースレター. 22:5.

宮脇逸朗. 1994b. 和歌山県串本町地先海域で捕獲されたウミガメ類とその直甲長について. p.75-80. 亀崎直樹・籔田慎司・菅沼弘行編. ”日本のウミガメの産卵地”. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

宮脇逸朗・岩本俊孝. 1991. 第2回日本ウミガメ会議の報告・ラウンドテ-ブル(標識放流について). うみがめニュースレター. 11:19-22.

宮脇逸朗・亀崎直樹. 1993. 第3回日本ウミガメ会議・ラウンドテ-ブルの報告:統一標識実験の経過の確認と今後の方針. うみがめニュースレター. 15:25-26.

宮脇逸朗・亀崎直樹・Steve KOLINSKI. 2000. ヤップ諸島から高知室戸へのアオウミガメの回遊例(ナチュラルヒストリーノート). うみがめニュースレター. 45:13.

宮山幸彦・持永瑞恵・藤本十四秋. 1975. アカウミガメ卵の採集と初期発生--嚢胚形成. 熊本医学会雑誌. 49(4):425-436.

宮山幸彦[他]. 1996. アカウミガメ胚における軟骨組織の形態学的研究. 熊本大学医療技術短期大学部紀要. 6:43-49.

宮崎市教育委員会. 1977. アカウミガメ. ”市指定天然記念物調査報告書,第4集”. 宮崎市教育委員会, 宮崎. 51p.

宮崎野生動物研究会. 1977. 市指定天然記念物調査報告書、宮崎市文化財調査報告書第4集、アカウミガメ、宮崎市教育委員会.

宮崎野生動物研究会. 1977. 宮崎市海岸に於けるアカウミガメの調査報告. Mammalia(宮崎野生動物研究会会報). 2:2-51.

宮崎野生動物研究会. 1978. 昭和52年度アカウミガメ調査報告書. Mammalia(宮崎野生動物研究会会報). 3/4:1-10.

宮崎野生動物研究会. 1979. 昭和52年度アカウミガメ調査報告書. Mammalia(宮崎野生動物研究会会報). (3-4):1-10.

宮崎野生動物研究会. 1980. 昭和53年度アカウミガメ調査報告書. Mammalia(宮崎野生動物研究会会報). 5/6:1-8.

宮崎野生動物研究会. 1980. 昭和54年度アカウミガメ調査報告書. Mammalia(宮崎野生動物研究会会報). 5/6:9-16.

宮崎野生動物研究会. 1981. 昭和55年度アカウミガメ調査報告書. 宮崎野生動物研究会, 宮崎. 16p.

宮崎野生動物研究会. 1982. 昭和56年度アカウミガメ調査報告書. 宮崎野生動物研究会, 宮崎. 17p.

宮崎野生動物研究会. 1983. 昭和57年度アカウミガメ調査報告書. 宮崎野生動物研究会, 宮崎. 15p.

宮崎野生動物研究会. 1984. 昭和58年度アカウミガメ調査報告書. 宮崎野生動物研究会, 宮崎. 9p.

宮崎野生動物研究会. 1985. 昭和59年度アカウミガメ調査報告書. 宮崎野生動物研究会, 宮崎. 6p.

宮崎野生動物研究会. 1986. 昭和60年度アカウミガメ調査報告書. 宮崎野生動物研究会, 宮崎. 5p.

宮崎野生動物研究会. 1987. 昭和61年度アカウミガメ調査報告書. 宮崎野生動物研究会, 宮崎. 39p.

宮崎野生動物研究会. 1988. 昭和62年度アカウミガメ調査報告書. 宮崎野生動物研究会, 宮崎. 20p.

宮崎野生動物研究会. 1989. 昭和63年度アカウミガメ調査報告書. 宮崎野生動物研究会, 宮崎. 34p.

宮崎野生動物研究会. 1990. 平成元年度宮崎県指定天然記念物アカウミガメ調査報告書.  宮崎野生動物研究会, 宮崎. 12p.

宮崎野生動物研究会. 1991. 平成2年度宮崎県指定天然記念物アカウミガメ調査報告書.  宮崎野生動物研究会, 宮崎. 12p.

宮崎野生動物研究会. 1992. 平成3年度宮崎県指定天然記念物アカウミガメ調査報告書.  宮崎野生動物研究会, 宮崎. 7p.

宮崎野生動物研究会. 1993. 平成4年度宮崎県指定天然記念物アカウミガメ調査報告書.  宮崎野生動物研究会, 宮崎. 10p.

宮崎野生動物研究会. 1994. 平成5年度宮崎県指定天然記念物アカウミガメ調査報告書.  宮崎野生動物研究会, 宮崎. 16p.

宮崎野生動物研究会. 1995. 平成6年度宮崎県指定天然記念物アカウミガメ調査報告書.  宮崎野生動物研究会, 宮崎. 18p.

宮崎野生動物研究会. 1996. 平成7年度宮崎県指定天然記念物アカウミガメ調査報告書.  宮崎野生動物研究会, 宮崎. 21p.

望月昭伸. 1994. ウミガメと共存する村--卵採りのル-ルをつくったコスタリカ・オスチョナルの浜. 科学朝日. 54(2):128-131.

Mori, A., H. Ota and N. Kamezaki. 1999. Foraging on sea turtle nesting beaches: Flexible foraging tactics by Dinodon semicarinatum (Serpentes: Colubridae). p.99-128. H, Ota.(ed) "Tropical Island Herpetofauna: Origin, Current Diversity and Conservation" Elsevier Science B. V.

森哲. 1996. ヘビ類の採餌行動-特にウミガメ産卵巣上におけるアカマタの待ち伏せ行動について. シンポジウム : 屋嘉比島を中心とした慶良間諸島の動物相とその保全. 沖縄島嶼研究. 14:11-12.

森拓也. 2006. 里野海岸におけるアカウミガメの産卵と人工孵化及び稚ガメの育成について. いなづみ. すさみ町教育委員会, 和歌山. (13):4-10.

永延清和・小川博之・親泊宜子・杉本美紀. 2000. 陥没骨折を外科的に治療したアオウミガメの1例(短報). The Journal of Veterinary Medical Science . 62(1):103-104.

Naito, Y. 1989. Sea turtle tracking in Japan. Argos Newsletter. (38): 3-5.

Naito, Y., O. Abe, M. Yamaguchi and A. Goto. 2005. Genetic diversity of green turtles (Chelonia mydas) in Japan, with reference to its origin. Zoological Science. 22(12): 1511.

Naito, Y., W. Sakamoto, I. Uchida, K. Kureha, and T. Ebisawa. 1990. Estimation of migration route of the loggerhead turtle around the nesting ground. Nippon Suisan Gakkaishi. 56(2):255-262.

中東覚. 1994. 日和佐大浜海岸におけるアカウミガメ(Caretta caretta)の産卵と保護の概要. p.54-57. 亀崎直樹・籔田慎司・菅沼弘行編. ”日本のウミガメの産卵地”. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

中東覚・西村和一郎. 1989. 官公庁に所属する漁業海洋調査船を対象としたウミガメについてのアンケ-ト調査. うみがめニュースレター. 4:3-7.

中島義人. 1989. 宮崎のアカウミガメについて-上陸・産卵行動. みやざきの自然. (2):91-95.

中島義人. 1990. 宮崎のアカウミガメについて2-回帰回遊行動. みやざきの自然. (3): 45-54.

中島義人. 1991. 宮崎におけるアカウミガメ(Caretta caretta LINNAEUS)の標識調査について. 長崎生物学会誌 (36):1-6.

中島義人・亀崎直樹・菅沼弘行. 1991. 第2回日本ウミガメ会議の報告. うみがめニュースレター. 11:16-18.

中島義人・中村豊. 1994. 宮崎のアカウミガメ(Caretta caretta)の標識調査について. p.45-49. 亀崎直樹・籔田慎司・菅沼弘行編. ”日本のウミガメの産卵地”. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

Nakamura, J. 1929. Beitrage zur Embryochemie der Reptilien, ・ , Uber das Verhalten des im Reptilienei vorhandenen Reststickstoffes bei der Bebrutung. J. Biochem (Tokyo). 10:357-360.

Nakamura, K. 1949a. A study in some chelonians with notes on chromosomal formula in the Chelonia. Kromosoma. 5:205-213.

Nakamura, K. 1949b. A study of chromosomes in some chelonians, with notes on chromosomal formula in the Chelonia. La Kromosomo. 5-6:205-213.

中村一恵. 1973. オサガメとタイマイについて. 神奈川県立博物館だより. 5(6):5.

中村一恵. 1977. 三浦半島で捕獲されたアオウミガメ. 横須賀市博物館館報. 2333.

中村一恵. 1980. 相模湾・東京湾における最近のタイマイの記録. 神奈川自然誌資料. 1:83-84.

中村一恵・川瀬ツル. 1976. 三浦半島周辺で捕獲されたウミガメ2種とウミヘビ1種について. 横須賀市博物館館報. 22:37-40.

中村健兒. 1937. 二三の龜鼈類に於ける染色體. 遺伝學雑誌. 13(5):240.

中村健児・上野俊一. 1963. 原色日本両棲爬虫類図鑑. 保育社, 大阪. 改訂版:1970.

中村健児・上野俊一. 1963. 原色日本両生爬虫類図鑑 初版. 保育社, 大阪. 212p.

中村健児・上野俊一. 1968. 原色日本両生爬虫類図鑑. 第4刷. 保育社, 大阪. 214p.

中村清美. 2000. 日本海豊島(山口県)におけるアオウミガメの記録(ナチュラルヒストリーノート). うみがめニュースレター. 44:15.

中村清美・山口陽介・綾香良浩. 2007. 平戸市主師町で発見されたオサガメについて. 長崎県生物学会誌 (63):??.

中村弘二. 1980. アオウミガメ血清中のカロテノイド〔英文〕. 日本水産学会誌. 46(7):909.

Nakamura, Y. 1929. Beitrage zur Embryochemie der Reptilien. II. Uber das Verhalten des im Reptilienei vorhandenen Reststickstoffes bei der Bebrutung. J. Biochem.10(2): 357-360.

中野晋・片岡孝一・田所真路. 2003. 長崎鼻海岸のアカウミガメの生態(1994年) ウミガメ生態調査報告書(7). 環境システム研究文集. 21:117-128.

中島吉十郎. ????. パラオ島産のタイマイ. 水産研究誌. 15(6):145-152.

Nakata, F., K. Kuroyanagi, N. Kamezaki, and T. Amakawa. 2006. An electrophysiological study on the sea turtle vision. Comparative Biochemistry and Physiology B-Biochemistry & Molecular Biology. 145(3-4): 422.

仲山端也. 1994. 鹿児島県吹上浜におけるアカウミガメの生態(1993年). p.23-31. ”ウミガメ生態調査報告書(6)”. 鹿児島県, 鹿児島.

仲山端也. 1995. 鹿児島県吹上浜におけるアカウミガメの生態(1994年). p.37-45. ”ウミガメ生態調査報告書(7)”. 鹿児島県, 鹿児島.

浪形早季子. 2004. 南西諸島のジュゴン・ウミガメ・イルカ・クジラ遺体. 動物考古学. 21:73-89.

成瀬裕昭. 1995. 伊豆諸島の亀卜とウミガメについて. うみがめニュースレター. 26:8.

成瀬廣高・飯田剛史・小川明. 2001. 海亀生態観測システムにおける誤り制御について. 電子情報通信学会技術研究報告. SAT, 衛星通信. 101(128):41-48.

新居正利・乃一武雄. 1996. 徳島県海南町大里松原海岸のアカウミガメの産卵状況. うみがめニュースレター. (28):15-18.

日本水産資源保護協会. 1999. 水生生物保存対策調査委託事業総合報告書(平成6~10年度). 第1分冊 海亀の回遊経路および潜水生態の特性. 87pp+81pp(資料編).

日本ウミガメ協議会. 1994. 第4回日本ウミガメ会議全体会議報告. うみがめニュースレター. 19:21.

日本ウミガメ協議会事務局. 1997. インターネットを利用したフロリダ大学ウミガメ文献検索の紹介. うみがめニュースレター. (31):29-31.

日本ウミガメ協議会事務局. 1997. 日本ウミガメ協議会統一標識の配布先の一覧. うみがめニュースレター. 34:11.

Niiler, E., 宮田攝子. 2001. 転機迎えたウミガメ保護. 日経サイエンス. 31(11):94-99.

西森有里. 2003. 旅して発見!(23)アオウミガメのふるさと小笠原の海. 日経サイエンス. 33(9):86-88.

西口恵子・太田美代子・森下育代. 1997. 三重県白塚海岸からの報告:破壊されようとしている三重県北部最後の自然海岸. うみがめニュースレター. 33:7.

西村三郎. ????. 海流と生物の長距離分散. 海洋科学. 5:421-428.

Nishimura, S. 1960. Visits by unusual aquatic animals to the sea coasts of Niigata prefecture, Japan Sea, in the winter of 1959-60. Saishu to Shiiku. 22: 213-216.

西村三郎. 1964. 日本近海におけるオサガメの記録. 生理生態. 12(1-2):286-290.

Nishimura, S. 1964. Consideration on the migration of the leatherback turtle in the Japanese and adjacent waters. Publ. Seto Mar. Biol. Lab. 12(2): 177-189.

Nishimura, S. 1967. The loggerhead turtles in Japan and neighboring waters (Testudinata, Cheloniidae). Publ. Seto Mar. Biol. Lab. 15(1): 19-35.

西村三郎. 1967. アカウミガメとヒメウミガメ. 南紀生物. 9(1):4-8.

西村三郎. 1968. 日本のウミガメ. Nature study 14(6):2-7.

西村三郎・原幸治. 1967. 日本近海におけるCarettaとLepidochelys. 爬虫両棲類学雑誌. 2(3):31-35.

Nishimura, S., K. Shirai, T. Tatsuki, and C. Sugihara. 1972. The Pacific ridley turtle in Japanese and adjacent waters. Publ. Seto Mar. Biol. Lab. 19(6): 415-426.

Nishimura, S. and T. Yasuda 1967. Records of the hawksbill turtle, Eretmochelys imbricata, in the Japan Sea. Publ. Seto Mar. Biol. Lab. 15(4): 297-302.

西村和一郎. 1992. 海ガメの産卵場と漂砂について. APA(日本測量調査技術協会). 53(6):47-55.

西村和一郎. 1993. 日和佐におけるアカウミガメふ化場の砂温鉛直観測結果について. うみがめニュースレター. 18:7.

西村和一郎. 1993. ウミガメの餌料としてのクラゲ類のエネルギーについて. うみがめニュースレター. 16:3.

Nishimura, W. 1994. Internesting interval and nest frequency for loggerhead turtles on Inakahama Beach, Yakushima Island, Japan. Marine Turtle Newsletter. (67): 21-22.

西村和一郎. 1994. ウミガメ類の行動制御を目的としたアカウミガメ(Caretta caretta)の生理行動実験. p.112-118. 亀崎直樹・籔田慎司・菅沼弘行編. ”日本のウミガメの産卵地”. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

西村和一郎・松浦郁雄・高塚富雄. 1992. 吹上浜と御前崎に産卵上陸するアカウミガメ(Caretta caretta)のタイムラグについて. うみがめニュースレター. 12:8-14.

Nishimura, W. and S. Nakahigashi. 1990. Incidental capture of sea turtles by Japanese research and training vesseles :Results of a questionnaire. Marine Turtle Newsletter (51):1-4.

西村和一郎・中東覚. 1992. 東シナ海におけるアカウミガメ(Caretta caretta)の分布. うみがめニュースレター. 12:3-7.

西村和一郎・大牟田一美. 1993. 屋久島におけるアカウミガメの産卵間隔等についての知見. うみがめニュースレター. 17:4.

野口重光. 1977. ウミガメについて. 海のよこちょう(下田水族館). 1977(1).

野村恵一. 1988. 八重山群島黒島におけるウミガメ類の産卵状況. マリンパビリオン(串本海中公園). 17(1):5.

野村卓之. 1993. 新潟県沿岸におけるアカウミガメ幼体の冬期漂着(1992-1993). うみがめニュースレター. 16:12.

野村恵一・三宅貞祥・亀崎直樹 1997. 日本産オニヤドカリ属の再検討および分布. I.O.P. Diving News. 8(1):2-7.

NPO法人エバーラスティング・ネイチャー. 2004. ウミガメ保護を通して、海洋環境と海洋生物への関心を高めたい. アース・ガーディアン. 4:28-31.

Nuitja, I. N. S. and I. Uchida. 1982. Preliminary studies on the growth and food consumption of the juvenile loggerhead turtle (Caretta caretta L) in captivity. Aquaculture. (27): 157-160.

小笠原海洋センター. 1994. 小笠原諸島におけるウミガメ類の標識放流結果. うみがめニュースレター. 21:3.

小笠原海洋センター. 1995. 小笠原諸島におけるウミガメ類の標識放流結果(1994年度). うみがめニュースレター. 25:8.

小笠原海洋センター. 1996. 小笠原諸島におけるウミガメ類の標識放流結果(1995年度). うみがめニュースレター. 29:3.

小笠原海洋センター. 1999. 小笠原諸島父島列島のおけるアオウミガメの上陸・産卵状況(1998年). うみがめニュースレター. 40:3.

小笠原海洋センター. 2000. 小笠原諸島父島列島のおけるアオウミガメの上陸・産卵状況(1999年). うみがめニュースレター. 44:3.

小笠原海洋センター・小笠原水産センター. 1990. 1989年度に小笠原から標識放流されたウミガメ類. うみがめニュースレター. 6:5-10.

小笠原海洋センター・小笠原水産センター. 1991. 1990年度に小笠原から標識放流されたウミガメ類. うみがめニュースレター. 9:8-11.

小笠原海洋センター・小笠原水産センター. 1992. 1991年度に小笠原から標識放流されたウミガメ類. うみがめニュースレター. 13:8-11.

Ogawa, T. and S. Nagahama. 1971. Histological study of the turtle egg tooth. Acta Herpetol. Jap. 4: 17-18.

Ogawa, K., K. Matsuzaki, and H. Misaki. 1997. A new species of Balaenophilus (Copepoda, Harpacticoida), an ectoparasite of a sea-turtle in Japan. Zoological Science. 14(4): 691-700.

Okada, Y. 1927. Reptilia. Illustrated Encyclopedia of the Fauna of Japan, Tokyo. 191-234.

Okada, Y. 1938. A Catalogue of Vertebrates of Japan.

Okada, Y. 1947. Reptilia. Illustrated Encyclopedia of the Fauna of Japan (Rev. Ed.), Tokyo, 223-271.

岡田彌一郎. 1959. 沖縄産動物目録. 沖縄生物教育研究会. (6):384 p.

岡田弥一郎・角田保. 1959. 紀南における爬虫両棲類. 熊野灘沿岸国立公園調査報告. 53-57.

岡 一郎・高山英充・中村栄男・道森幸雄. 1983. オサガメの飼育経過-餌付けと外傷の治癒. 動水誌. 25(3):67-70.

岡崎和彦(Surfer’s Environmental Network)・亀崎直樹. 1999. 遠州灘海岸で泳ぐウミガメ幼体を発見(ナチュラルヒストリーノート). うみがめニュースレター. 42:18.

沖縄県城辺町教育委員会編. 2000. うみがめの故郷ぐすくべ:ウミガメ調査報告書. 沖縄県城辺町教育委員会, 沖縄. 135p.

沖縄県教育委員会. 1996. ウミガメ類生息実態調査報告書(1)(沖縄県天然記念物調査シリーズ:第36集. 沖縄県教育委員会, 沖縄.

沖縄県教育委員会. 199#. ウミガメ類生息実態調査報告書(2)(沖縄県天然記念物調査シリーズ:第38集. 沖縄県教育委員会, 沖縄.

沖縄県教育委員会. 2001. ウミガメ類生息実態調査報告書(3)(沖縄県天然記念物調査シリーズ:第40集. 沖縄県教育委員会, 沖縄.

奥田直久・安田直人. 1998. 国立・国定公園におけるウミガメ産卵地の保護のための乗入れ規制地域の指定について. 国立公園. 567:14-17.

御前崎町アカウミガメ保護監視員会. 1993. 平成4年度アカウミガメ上陸・産卵・ふ化状況報告. 御前崎町教育委員会, 静岡. 12p.

御前崎町アカウミガメ保護監視員会. 1994. 平成5年度アカウミガメ上陸・産卵・ふ化状況報告. 御前崎町教育委員会. 静岡. 12p.

御前崎町アカウミガメ保護監視員会. 1995. 平成6年度アカウミガメ上陸・産卵・ふ化状況報告. 御前崎町教育委員会, 静岡. 12p.

御前崎町教育委員会. 1984. 昭和58年度 アカウミガメの観察記録.

御前崎町教育委員会. 1977. 天然記念物アカウミガメ生態調査報告書. 御前崎町教育委員会,静岡. 22p.

大池辰也・加藤弘. 1997. オサガメの漂着例について. うみがめニュースレター. 34:6.

大久保修三. 1974. アカウミガメあれこれ. 志摩マリンランドクオ-タリ-(志摩マリンランド). 8:7.

大牟田一美. 1989. 屋久島の永田・田舎浜におけるウミガメ上陸・産卵調査(1988年). ウミガメ生態調査報告書(1). 鹿児島県, 鹿児島. 21-41.

大牟田一美. 1989. 屋久島からの報告. うみがめニュースレター. 2:3.

大牟田一美. 1993. 屋久島で産卵したアカウミガメのフィリピンにおける再捕2例. うみがめニュースレター. 17:3.

大牟田一美. 1997. 屋久島ウミガメの足あと. 海洋工学研究所出版部, 東京. 237p.

大牟田一美. 2000. 砂浜での人間の行動がウミガメの上陸に与える影響について. うみがめニュースレター. 45:6.

大牟田一美. 2000. 屋久島に帰ってきたオスのアカウミガメ(ナチュラルヒストリーノート). うみがめニュースレター. 45:12.

大牟田一美他. 1986. 1985年、屋久島・永田・田舎浜におけるウミガメ上陸・産卵調査報告.

大牟田一美・亀崎直樹. 1998. 第9回日本ウミガメ会議(屋久島会議)の案内(第一回). うみがめニュースレター. 37:17.

大牟田幸久・菅野健夫. 1998. アカウミガメの人工孵化実験:布によるウミガメ卵の孵化について. うみがめニュースレター. 38:12.

Osada, T., T. Sasaki, and A. Ikai. 1988. Purification and Characterization of Alpha-Macroglobulin and Ovomacroglobulin of the Green Turtle (Chelonia mydas japonica). The Journal of Biochemistry. 103(2): 212-217.

大鹿達弥・宮形佳孝・松久保晃作・花野晃一. 2004. 2003年成ヶ島のウミガメ調査.  Awajiensis. (10):16-17.

大城直雅・照屋菜津子・与儀和夫. 2004. 沖縄県における化学物質と自然毒による食中毒および苦情事例--平成15年度. 沖縄県衛生環境研究所報. 38:91-96.

大須賀哲夫. 1998. アカウミガメが来る渥美半島表浜海岸. 海岸. 38(1):11-19.

太田英利. 1993. 第3回日本ウミガメ会議における“タイマイ論争”について:コメント. うみがめニュースレター. 16:29.

太田英利・菊川章・亀崎直樹. 2002. 沖縄のウミガメはどんな浜が好きか重回帰分析によるアプローチ. 海中公園情報. (134):3-7.

音石葉子・畑井喜司雄・窪田三朗. 1989. アカウミガメに見られた抗酸菌症について. 日本獣医畜産大学研究報告. 38:52-59.

Otsuka, S., M. Suzuki, N. Kamezaki, T. Shima, M. Wakatsuki, Y. Kon and N. Ohtaishi. 2008. Growth-related changes in histology and immunolocalization of steroid hormone receptors in gonads of the immature male green turtle (Chelonia mydas). Journal of Experimental Zoology Part A-Ecological Genetics and Physiology. 309A(3): 166-174.

Resendiz, A., B. Resendiz, W. J. Nicholls, J. A. Seminoff, and N. Kamezaki. 1998. First confirmed east-west transpacific movement of a loggerhead sea turtle, Caretta caretta, released in Baja California, Mexico. Pacific Science. 52: 151-153.

柳. 1908. 海龜の幼兒の向海性. 動物学雑誌. 20(235):167.

竜 真奈美・竜 千鶴. 2001. アメリカで放流したアカウミガメ漂着死体の発見. うみがめニュースレター. 48:20.

佐渡山安公・亀崎直樹・宮脇逸朗. 1996. 宮古島で産卵したアカウミガメのベトナムでの再捕例. うみがめニュースレター. 29:9.

Saeki, K., H. Sakakibara, H. Sakai, T. Kunito and S. Tanabe. 2000. Arsenic accumulation in three species of sea turtles. BioMetals. 13(3): 241-250.

Sagara, J. I. 1929. Beitrage zur Embryochemie der Reptilien. 7. Uber Fermente in Meerschildkrotenei. J. Biochem. 10: 379-382.

佐草一優. 1992. 追われゆく日本の野生動物たち;ウミガメに「金」の卵を産ませようというのか, 今野生動物が危ない(UTAN驚異の科学シリ-ズ12)学研. 106-115.

Saito, K., T. Shoji, I. Uchida, and H. Ueda. 2000. Structure of the olfactory and vomeronasal epithelia in the loggerhead turtle Caretta caretta. Fisheries science. 66(2): 409-411.

Sakai, H., H.Ichihashi, H.Suganuma and R.Tatsukawa. 1995. Heavy metal monitoring in sea turtles using eggs. Mar. Poll. Bull. 30:347-353.

堺温哉・市橋秀樹・佐伯和利・立川涼. 1996. アカウミガメ (Caretta caretta) における重金属類の体内分布. 環境化学. 6(1):27-34.

Sakai, H., K. Saeki, H. Ichihashi, N. Kamezaki, S. Tanabe, and R. Tatsukawa. 2000. Growth-related changes in heavy metal accumulation in green turtle (Chelonia mydas) from Yaeyama Islands, Okinawa, Japan. Archives of Environmental Contamination and Toxicology. 39(3): 378-385.

Sakai, H., K. Saeki, H. Ichihashi, H. Suganuma, S. Tanabe, and R. Tatsukawa. 2000. Species-specific distribution of heavy metals in tissues and organs of loggerhead turtle (Caretta caretta) and green turtle (Chelonia mydas) from Japanese coastal waters. Marine Pollution Bulletin. 40(8): 701-709.

坂本治. 1983. 秩父盆地の中新統産出のウミガメ化石. 埼玉県立自然史博物館研究報告. (1):1-10.

坂本亘. 1993. 産卵期アカウミガメの潜水様式と遊泳海域の環境〔英文〕. 日本水産学会誌. 59(7): 1129-1137.

坂本亘・内藤靖彦・内田至. 1991. バイオテレメトリーで追跡するアカウミガメの回遊. 日経サイエンス1991. (5):74-85.

Sakamoto, W., T. Bando, N. Arai, and N. Baba. 1997. Migration Paths of the Adult Female and Male Loggerhead Turtles Caretta caretta Determined through Satellite Telemetry. Fisheries science. 63(4): 547-552.

Sakamoto, W., Y. Naito, I. Uchida, and K. Kureha. 1990. Circadian rhythm on diving motion of the loggerhead turtle Carette caretta during inter-nesting and its fluctuations induced by the oceanic environmental events. Nippon Suisan Gakkaishi. 56(2): 263-272.

Sakamoto, W., K. Sato, H. Tanaka and Y. Naito. 1990. Diving patterns and swimming environment of two loggerhead turtles during internesting. Nippon Suisan Gakkaishi. 59(7): 1129-1137.

Sakamoto, W., I. Uchida, Y. Naito, K. Kureha, M. Tsujimura and K. Sato. 1990. Deep diving behavior of the loggerhead turtle near the frontal zone. Nippon Suisan Gakkaishi. 56(9): 1435-1443.

鮫島正道. 1993. 長崎鼻海岸のアカウミガメの生態(1992年). ”ウミガメ生態調査報告書(5)”. 鹿児島県, 鹿児島. 1-6.

鮫島正道. 1994a. 薩摩半島南端長崎鼻のアカウミガメ. p.37-40. 亀崎直樹・籔田慎司・菅沼弘行編. ”日本のウミガメの産卵地”. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

鮫島正道. 1994b. 長崎鼻海岸のアカウミガメの生態(1993年). p.1-6. ”ウミガメ生態調査報告書(6)”. 鹿児島県, 鹿児島.

鮫島正道. 1995. 長崎鼻海岸のアカウミガメの生態(1994年). p.1-20. ”ウミガメ生態調査報告書(7)”. 鹿児島県, 鹿児島.

鮫島正道. 1996. 長崎鼻海岸のアカウミガメの生態(1995年). p.1-6. ”ウミガメ生態調査報告書(8)”,鹿児島県, 鹿児島.

鮫島正道. 2000. 日本本土におけるアオウミガメの産卵の初記録. うみがめニュースレター. 46:6.

鮫島正道・吉岡修二. 1989. 鹿児島県長崎鼻海岸におけるアカウミガメの繁殖について. p.9-16. ”ウミガメ生態調査報告書(1)”. 鹿児島県, 鹿児島.

鮫島正道・川野貴生・森住昭. 1992. 長崎鼻海岸のアカウミガメの生態(1991年). p.1-8. ”ウミガメ生態調査報告書(4)”. 鹿児島県, 鹿児島.

佐藤文彦. 1989. 小笠原諸島におけるアオウミガメの概要. うみがめニュースレター. 1:13.

佐藤文彦. 1991. パラオ共和国”タ-トルプロジェクト”の近況報告. うみがめニュースレター. 9:3.

佐藤文彦. 1992. パラオ共和国におけるタイマイの標識放流調査. うみがめニュースレター. 14:4-5.

佐藤文彦. 1993. 小笠原諸島父島列島における1992年度のアオウミガメ天然産卵巣の移植・ふ化結果. うみがめニュースレター. 18:3.

佐藤文彦(小笠原海洋センター). 1997. 3月に見られたアオウミガメの産卵(ナチュラルヒストリーノート). うみがめニュースレター. 32:10.

佐藤文彦. 2000a. 人口照明に誘引された孵化稚亀. うみがめニュースレター. 46:15.

佐藤文彦. 2000b. 工事現場に迷い込んだ産卵雌亀. うみがめニュースレター. 46:16.

佐藤文宏・谷崎樹生・伊谷玄. 1995. 八重山諸島の3産卵場におけるウミガメ類の上陸・産卵および孵化状況. うみがめニュースレター. 23:9-13.

佐藤克文. 1990. アカウミガメは産卵場所を変えるか?. うみがめニュースレター. 6:3-4.

佐藤克文. 1993. 第3回日本ウミガメ会議でなされた2題の発表について. うみがめニュースレター. 16:27.

佐藤克文. 1994a. 第14回ウミガメシンポジウム参加報告. うみがめニュースレター. 20:10.

佐藤克文. 1994b. 和歌山県南部町千里浜におけるアカウミガメ調査に参加した人数の5年間の変遷. うみがめニュースレター. 22:14.

佐藤克文. 1995. 古文書に見られたウミガメに関する知見. うみがめニュースレター. 25:14.

佐藤克文. 1996. 海洋におけるは虫類・ほ乳類・鳥類. 日本水産学会誌. 62(1):134-135.

佐藤克文. 1997. ウミガメの海洋環境下における温度生理学. 海洋. 29(3):161-167.

Sato K., W. Sakamoto, Y. Matsuzawa, H. Tanaka and Y. Naito. 1994. Correlation between stomach temperatures and ambient water temperatures in free-ranging loggerhead turtles, Caretta caretta. Mar. Biol. 118: 343-351.

Sato K., W. Sakamoto, Y. Matsuzawa, H. Tanaka, S. Minamikawa and Y. Naito. 1995. Body temperature independance of solar radiation in free-ranging loggerhead turtles, Caretta caretta, during internesting periods. Mar. Biol. 123: 197-205.

Sato, K., T. Bando, Y. Matsuzawa, H. Tanaka, W. Sakamoto, S. Minamikawa, and K. Goto. 1997. Decline of the loggerhead turtle, Caretta caretta, nesting on Senri Beach in Minabe, Wakayama, Japan. Chelonian Conservation and Biology. 2(4): 600-603.

Sato, K., Y. Matsuzawa, H. Tanaka, H. Bando, S. Minamikawa, W. Sakamoto and Y. Naito. 1998. Internesting intervals for loggerhead turtles, Caretta caretta and green turtles, Chelonia mydas, are affected by temperature. Canadian Jounal of Zoology. 76: 1651-1662.

佐藤奉雄・本間義治. 1972. 佐渡島外海府にある亀の祠. 新潟県生物教育研究会誌. (27):123-124.

関口修太. 2001. エルビラさん. 新芸象. 104:69-74.

Sendju, Y. 1929a. Beitrage zur Embryochemie der Reptilien, ・ , Uber die Bildung von d-Milchsaure bei der Bebrutung von Meerschildkroteneies. J. Biochem. (Tokyo). 10: 361-363.

Sendju, Y.,1929b. Beitrage zur Embryochemie der Reptilien, ・ , Uber das Verhalten der lebenswchtigen Aminosauren bei der Bebrutung von Meerschildkroteneies. J. Biochem. (Tokyo). 10: 365-367.

千頭一郎. 2005. 自然と人の新しい関係(4)ウミガメライブがはじまるまで. 科学. 75(1): 131-133.

千頭一郎. 2005. 自然と人の新しい関係(5)ウミガメライブ開始. 科学. 75(2): 244-247.

妹尾次郎. 1939a. 海流標識としての海龜. 動物学雑誌. 51(5):314-315.

妹尾次郎. 1939b. 歐州で發見されたメキシコ産アカウミガメ. 動物学雑誌. 51(3): 171.

柴田敏隆. 1968. 三浦半島の爬虫類相. 横須賀市博物館館報. 14:95-102.

島達也. 1999. 西表島網取湾で確認されたアオウミガメの漂着幼個体(速報). うみがめニュースレター. 41:13.

清水薫・中島義人. 1977. 生きた化石-ウミガメの産卵と孵化. p.6-25. 九州沖縄の行きものたち. 第4集. 西日本新聞社.

清水晋. 小林真人. 阿部寧. 2008. 海亀類の混獲回避:釣針および餌の変更による回避効果(<特集>まぐろ延縄漁業における混獲回避). 日本水産学会誌. 74(2):237-240.

品田時夫. 1994. 茨城県・日立市. p.90. 紀伊半島ウミガメ情報交換会・日本ウミガメ協議会編. ”ウミガメは減っているか-その保護と未来-”. 紀伊半島ウミガメ情報交換会, 和歌山.

塩出大輔. 2002. 日本国内におけるアカウミガメ上陸地調査. 遠洋. 110:21-26.

塩出大輔. 2008. 海亀類の混獲回避:漁具・漁法からのアプローチ(<特集>まぐろ延縄漁業における混獲回避). 日本水産学会誌. 74(2):234-236.

塩出大輔・川原林奈美・東海正. 2004. 南西諸島のウミガメ類. ていち. 58:2.

塩出大輔・川原林奈美・東海正. 2006. 大型定置網へのウミガメ入網に関するアンケート調査結果について. ていち. 109:54-62.

相馬正樹. 1976. バイオテレメトリ. 電氣學會雜誌. 96(6):539-542.

Stejneger, L. 1907. Herpetology of Japan and adjacent territory. Bull. U. S. Natl. Mus. 58: 1-577.

Steiner, T. 1992. Japan hawksbill import ban-too early to rest on our laurels!. Marine Turtle Newsletter. (56): 24-26.

末広喜代一・吉松定昭. 2001. 新聞記事による香川県のウミガメ情報. 香川生物. 28:15-22.

菅沼弘行. 1978. 小笠原産アオウミガメの増殖について(2)-蓄養亀による人工ふ化(講演要旨). 爬虫両棲類学雑誌. 7(4):103.

Suganuma, H. 1991. Green sea turtles (Chelonia mydas) in the Ogasawara Islands, 1988 Review. p.123-127. Uchida, I.(ed.). International Symposium on Sea Turtles '88 in Japan, Himeji City Aquarium. Himeji City, Japan.

菅沼弘行. 1994. 小笠原の歴史とアオウミガメ-ウミガメ類の保護とは-. なきごえ(大阪市天王寺動物園). 30(7):4-5.

菅沼弘行. 1994a. アオウミガメ. p.469-478. ”日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料(・). 水産資源保護協会, 東京.

菅沼弘行. 1994b. ヒメウミガメ. p.507-518. ”日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料(・). 水産資源保護協会, 東京.

菅沼弘行. 1999. 第2回ASEANウミガメ会議報告. うみがめニュースレター. 42:5.

Suganuma, H. and N. Kamezaki. 1991. Measuring and tagging procedures standardized in Japan. Marine Turtle Newsletter. (54): 16-17.

Suganuma, H., N.Kamezaki, and Akil Yusuf. 1999. Current status of nesting populations of the hawksbill turtle (Eretmochelys imbricata) in the Jawa Sea, Indonesia. Chelonian Conservation and Biology. 3(2): 337-343.

菅沼弘行・中島義人. 1993. 第3回日本ウミガメ会議・ラウンドテ-ブルの報告:卵の移植と人工ふ化放流の問題点. うみがめニュースレター. 15:28-30.

Suganuma, H., H. Tachikawa, and F. Sato. 1988. Research on diseases of green turtle juveniles (Chelonia mydas) in short-term captivity in the Ogasawara Islands. Ogasawara Fisheries Association. Ogasawara, Japan. (3): 65 p.

Suganuma, H., H. Tachikawa, F. Sato, and T. Shimaya. 1987. Research summary on green turtles (Chelonia mydas) in the Ogasawara Islands. Ogasawara Marine Center. Ogasawara, Japan. (2): 30 p.

菅沼弘行・立川浩之・佐藤文彦・山口真名美・木村ジョンソン. 1994. 1983~1990年の小笠原諸島・父島におけるアオウミガメ(Chelonia mydas)の産卵状況. p.95-109. 亀崎直樹・籔田慎司・菅沼弘行編. “日本のウミガメの産卵地”. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

杉浦宏. 1973. アカウミガメの放流. どうぶつと動物園(東京動物園協会). 25(1):22-23.

杉田房子. 2001. 道はつづく(25)世界自然遺産登録の屋久島に見る"大自然"--山の"縄文杉"からウミガメの産卵まで. IATSS review 26(4):4.

杉山重実・大牟田一美・亀崎直樹. 1999. 屋久島産アカウミガメのふ化幼体に挿入した体内標識の認識記号の目録(1999年). うみがめニュースレター. 42:10.

鈴木英夫・磯貝高弘. 1969. ヒメウミガメ(L.olivacea)の飼育. 京急油壷マリンパ-ク研究報告. 2:65-67.

鈴木喜代治. 1993. 紀宝町ウミガメ公園の紹介. うみがめニュースレター. 18:18.

Suzuki, M., H. Furukawa, T. Akieda and H. Hayano. 1992. Identification of Sea Turtle Meat Species by Thin Layer Polyacrylamide Gel Isoelectric Focusing. Report of The Central Customs Laboratory. (31):23-26.

橘 行一. 1962. 海亀化石を含む五島層群と佐世保・野島・両層群との関連. 化研. (4).

橘 行一. 1979. 長崎県五島列島有川町の中新世亀化石. 岩手大学教育学部研究年報. 39(3):77-84.

橘 伸一朗・妙義団体研究グループ. 1987. 群馬県甘楽郡妙義町より発見されたウミガメ化石について. 日本地質学会学術大会講演要旨. 94:384.

立川浩之. 1989a. 季節外れのアオウミガメの産卵. うみがめニュースレター. 1:17.

立川浩之. 1989b. 小笠原諸島におけるアカウミガメの産卵の初記録と小笠原近海のアカウミガメについて. うみがめニュースレター. 2:5-7.

立川浩之. 1989c. 台湾で放流されたアオウミガメ小笠原でつかまる. うみがめニュースレター. 2:13.

立川浩之. 1990. 小笠原南島の汽水池で生育するアオウミガメの子亀. うみがめニュースレター. 5:8-9.

立川浩之. 1991a. 小笠原産成熟アオウミガメの甲長と体重. うみがめニュースレター. 8:7-10.

立川浩之. 1991b. 小笠原産成熟アオウミガメの成長. うみがめニュースレター. 10:3-4.

立川浩之. 1992. 小笠原諸島におけるアカウミガメの産卵の2回目の記録. うみがめニュースレター. 14:3.

立川浩之. 1995. アオウミガメ背甲上のカメフジツボへのエボシガイ類3種の付着例. 南紀生物. 37(1):67-68.

立川浩之・佐々木章. 1990. 小笠原産諸島における成熟アオウミガメの標識放流調査. うみがめニュースレター. 6:11-15.

立川浩之・菅沼弘行・木村ジョンソン. 1992. 小笠原諸島母島列島におけるアオウミガメの産卵状況(1991年). うみがめニュースレター. 13:3-7.

立川浩之・菅沼弘行・山口真名美. 1991. 小笠原諸島父島列島におけるアオウミガメの産卵状況(1991年). うみがめニュースレター. 11:10-15.

立川浩之・前田洋志・菅沼弘行・木村ジョンソン. 1994. 小笠原諸島母島列島におけるアオウミガメの繁殖状況(1993年). うみがめニュースレター. 21:14.

立川浩之・佐藤文彦・堀越和夫・山口真名美. 1996. 小笠原諸島父島列島におけるアオウミガメの産卵・孵化状況(1995年). うみがめニュースレター. 27:3.

立川浩之・菅沼弘行・佐藤文彦・堀越和夫. 1995. 小笠原諸島父島列島におけるアオウミガメの産卵・孵化状況(1994年). うみがめニュースレター. (23):3-8.

立川浩之・菅沼弘行・佐藤文彦・山口真名美・堀越和夫. 1993. 小笠原諸島父島列島におけるアオウミガメの産卵・孵化状況(1992年). うみがめニュースレター. 17:10.

立川浩之・菅沼弘行・堀越和夫・佐藤文彦・山口真名美. 1994. 小笠原諸島父島列島におけるアオウミガメの産卵・孵化状況(1993年). うみがめニュースレター. (19):8-13.

高田. 1959. ウミガメの造血因子. ビタミン. 16:276.

Takada, Y, and O. Abe. 2002. variations in shoot density, shoot morphology, and bite mark frequency of subtropical seagrasses in Japan. Bulletin of Fisheries Research Agency. (4): 1-10.

高菜祐司・長谷川善和. 2004. 中島コレクションの概要について(Ⅱ)-クジラ類を除く脊椎動物化石-. 群馬県立自然史博物館研究報告. (8):123-130.

高島春雄. 1958. 日本の爬虫類概観. 山階鳥類研究所研究報告. 1(12):486-493.

高島春雄. 1959. 五島列島陸棲動物相管見. 山階鳥類研究所研究報告. 1(13):522-530.

竹田鑛次郎. 1892. 海龜ニ就テ. 動物学雑誌. 4(39):26.

武田慎一郎. 1991. 飼育下におけるアルビノのアカウミガメのある症例について. うみがめニュースレター. 9:5-7.

竹下完. 1977. アカウミガメの保護について. どうぶつと動物園. 29(7):20-23.

田密. 1974. オサガメの飼育例について. 海の横丁(下田海中水族館)1:5-7.

田水達之. 1993. アカウミガメの産卵に配慮した緩傾斜護岸. 土木技術. 48(12):83-86.

田中幸記・梅田奈央子・下倉眞平・梶原千鶴. 1999. 吹上浜におけるアカウミガメの産卵調査報告(1998年). うみがめニュースレター. 40:13.

田中真一・アキル ユスフ・亀崎直樹・菅沼弘行. 1999. インドネシア、ジャワ海におけるウミガメ保護活動. うみがめニュースレター. 41:3.

田中秀二. 佐藤克文. 松沢慶将,坂本亘,内藤靖彦,黒柳賢治. 1995. 胃内温変化から見た産卵期アカウミガメの摂餌. 日本水産学会誌. 61(3):339-345.

田名瀬英朋. 2003. 長崎県外海町黒崎川の宮田橋下におけるアカウミガメの産卵と孵化. 瀬戸臨海実験所年報. 4(3):695-696.

谷田専治. 1975. 新版・水産動物学. 恒星社厚生閣, 東京. 278p.

谷本正浩. 金澤芳廣. 2001. 香川県の兼割(上部カンパニアン)で見つかったウミガメ上科と思われる頭骨の化石. 地学研究. 50(3):167-172.

谷村正文・近藤康夫・亀崎直樹・菅沼弘行. 1994. 第5回日本ウミガメ会議に関するご案内. うみがめニュースレター. 22:20.

手塚幸夫. 1999. 地域の自然と生活に学ぶ環境教育. 遺伝. 53(3):40-44.

照屋秀司. 1984. アカウミガメの育成と標識放流について(講演要旨). 動水誌. 26(1):28-29.

照屋秀司. 1994. 沖縄本島におけるタイマイの産卵上陸確認と稚仔の育成について. p.17-20.亀崎直樹・籔田慎司・菅沼弘行編. “日本のウミガメの産卵地”. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

照屋秀司・内田詮三. 1988. 沖縄本島におけるタイマイの産卵上陸確認と稚仔の育成について(講演要旨). 動水誌. 30(1):34.

Teshima S., A. Kanazawa, N. Kamezaki, and H. Hirata. 1979. Sterols of rotifer. Bull. Jap. J. Fish. 45(12): 1495-1501.

Teshima S., A. Kanazawa, N. Kamezaki, and H. Hirata. 1981. Fatty acid and sterol components of the rotifers cultured by a feedback system. Bull. Jap. J. Fish. 47(4): 515-521.

栃本武良. 1973. オサガメの死体漂着. 山のうえのさかなたち(姫路水族館). 127.

Toda, T., Y. Toda, and F. A. Kummerow . 1984. Spontaneous Aortic Lesions in marine turtles. Tohoku J. Exp. Med. 144:139-142.

徳本洋. 1984. 石川県におけるアカウミガメの産卵3例. 両生爬虫類研究会誌. 30:1-9.

徳永章二. 1989. ウミガメの孵化個体を何頭犠牲にすべきか?-観察した個体数と性比の信頼幅との関係-. うみがめニュースレター. 4:9-13.

徳永章二. 1991. 日本産ウミガメ2種の温度性決定に関する観察(予報). うみがめニュースレター. 7:3-7.

徳永章二. 1993. ウミガメ生物統計学講座(1). うみがめニュースレター. 17:18.

徳永章二. 1994. アカウミガメ(Caretta caretta)の温度依存性決定に関する諸研究. p.119-123. 亀崎直樹・籔田慎司・菅沼弘行編. ”日本のウミガメの産卵地”. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

徳永章二・岩切勇二・中島義人. 1999. 宮崎県産アカウミガメ(Caretta caretta)の温度依存性決定. 北九州市自然史博物館研究報告. 18:147-156.

徳島県阿南市立中学校. 2002. 実践研究 ウミガメから学ぶ総合的な学習. 中等教育資料. 51(9):19-24.

徳島県海部郡日和佐町. 2004. ウミガメと信仰のまち ひわさ. 用地ジャーナル. 13(5):28-32.

富岡誠司. 2007. 遠州灘沿岸におけるアカウミガメを保護するための「車両等の乗り入れ規制」について (特集 沿岸域をめぐる新たな利用と管理へ向けて). 沿岸域学会誌. 20(1):39-41.

Tomita, M. 1929. Beitrage zur Embryochemie der Reptilien. J. Biochem. (Tokyo). 10:351-356.

Tomita, M., K. Hamada, Y. Manabe, and M. Sasaki. 1952. VITAMINS B1 AND B2 IN THE EGGS OF GIANT SALAMANDER AND SEA-TURTLE. The Journal of Biochemistry. 39(3): 299-303.

富田雅次・澤田小彌太・眞鍋淑子・佐々木正已. 1951. ハンザキおよびウミガメ卵発生時のB_1ならびにB_2の消長(第50回会議研究報告要旨). ビタミン. 4:460.

東京水産大学ウミガメ研究会. 1999. 千葉県九十九里浜で確認されたウミガメのストランディング(ナチュラルヒストリーノート). うみがめニュースレター. 39:19.

豊橋市アカウミガメ保護調査会. 1992. 1992年豊橋市アカウミガメ生態調査報告書. 豊橋市保健環境部, 愛知. 17p.

豊橋市アカウミガメ保護調査会. 1994. 1993年豊橋市アカウミガメ生態調査報告書. 豊橋市保健環境部, 愛知. 31p.

豊橋市アカウミガメ保護調査会. 1995. 1994年豊橋市アカウミガメ実態調査報告書. 豊橋市保健環境部, 愛知. 19p.

豊橋市アカウミガメ保護調査会. 1996. 1995年豊橋市アカウミガメ実態調査報告書. 豊橋市保健環境部, 愛知. 35p.

豊橋市環境部環境政策課. 2003. とよはしアカウミガメのしらべ:ウミガメ記録集(1992年~2002年) . 豊橋市環境部環境政策課, 愛知. 99p.

津田英治. 1995. 明石市で生まれた子亀の奇形に関する知見. うみがめニュースレター. 25:3.

堤 俊夫・柳井 晋・布施悦夫・串田義隆. 2005. 神奈川県三浦市赤羽根海岸におけるアカウミガメの産卵. 横須賀市博物館研究報告. 自然科学. (52):29-33.

内田至. 1967. アカウミガメの成長について. 日本水産学会誌. 33(6):497-507.

内田至. 1969a. 今夏の日本産アカウミガメの生態調査. 山のうえのさかなたち(姫路水族館). 1(3):7.

内田至. 1969b. なぜ太平洋にウミガメを放流したのか. 山のうえのさかなたち(姫路水族館). 1(1):2-3.

内田至. 1970a. スター登場⑥-アカウミガメ. 山のうえのさかなたち(姫路水族館). 2(3):7-8.

内田至. 1970b. ウミガメ-動物園教室(60). どうぶつと動物園. 1970:232-233.

内田至. 1970c. ウミガメの忍法-擬態のはなし. 山のうえのさかなたち(姫路水族館). 2(3):2-3.

内田至. 1971. アカウミガメの回帰性が日本ではじめて確認された. 山のうえのさかなたち(姫路水族館). 3(2):7.

内田至. 1973. アカウミガメ-大洋航海の謎を追う. アニマ. 6(3):5-17.

内田至. 1974a. オーストラリアのタイマイ養殖. 科学朝日. 394:14-17.

内田至. 1974b. ウミガメの保護. どうぶつと動物園. 26(3):20-23.

内田至. 1979. ウミガメの話題から. どうぶつと動物園. 31(10):344-346.

内田至. 1980. ウミガメの危機. 自然保護. 216:6-9.

内田至. 1981a. アカウミガメ-日本沿岸で産卵するウミガメの産卵生態. 採集と飼育. 43(9):472-476.

内田至. 1981b. 海ガメの生態と保護. 海洋と生物. 3(3):160-161.

内田至. 1981c. わが国沿岸の海ガメ類の現況と話題. 海中公園情報. 52:3-4.

内田至. 1982a. アカウミガメ-その生態と現状-. 動物と自然. 12(3):2-6.

内田至. 1982b. アカウミガメの擬態. 海洋と生物. 4(1):27.

内田至. 1982c. 海ガメ学入門(Ⅰ)現生海ガメ類の形態と分類. 海洋と生物. 4(5):17.

内田至. 1982d. 海ガメ学入門(Ⅱ)繁殖の生態. 海洋と生物. 4(6):1-9.

内田至. 1982e. 海ガメ学入門(Ⅲ)成長. 海洋と生物. 5(1):36-42.

内田至. 1983a. 海ガメ学入門(Ⅳ)食性. 海洋と生物. 5(3):198-204.

内田至. 1983b. 海ガメ学入門(Ⅴ)卵の孵化をめぐる問題点. 海洋と生物. 5(6):416-421.

内田至. 1983c. ワシントン条約対象動物資料(水産庁関係)-オサガメ、アカウミガメ、タイマイ-. (社)日本水産資源保護協会.

内田至. 1984. 海ガメ学入門(ⅤⅠ)利用と保護. 海洋と生物. 6(2):82-88.

内田至. 1985a. 南西諸島周辺のウミガメ類. 南西諸島とその自然保護・そのⅡ(WWFJ). 200-209.

内田至. 1985b. 海ガメ学ノート①吹上町海浜保護条例. 海洋と生物. 7(4):270-271.

内田至. 1985c. 特集、海洋生物を脅かすゴミの海-ビニールを食べたウミガメ. 自然保護. 276:12-15.

内田至. 1986a. 海ガメ学ノ-ト②クロウミガメ. 海洋と生物. 8(1):28-29.

内田至. 1986b. 海ガメ学ノート③離岸堤の構築と海ガメの産卵上陸生態の変化. 海洋と生物. 8(3):217-219.

内田至. 1986c. 海ガメ学ノート④アカウミガメの生物学的最小型. 海洋と生物. 8(4):292-293.

内田至. 1987a. 海ガメ学ノート⑤わが国におけるアカウミガメの白子(albino)の初めての記録. 海洋と生物. 9(1):32-33.

内田至. 1987b. 海ガメ学ノート⑥-測定部位と計測誤差-. 海洋と生物. 9(2):120-121.

内田至. 1987c. 白いアカウミガメ. 山のうえのさかなたち(姫路水族館). 17:4-5.

内田至. 1987d. 売られていた一個の卵から. SOS. 92:

内田至. 1990a. 日本の海を巡る:水族館最近研究事情-5-アオウミガメの調査と研究44. 遺伝. 5:72-75.

内田至. 1990b. 水族館最近研究事情Ⅴ-アカウミガメの調査と研究. 遺伝. 44(5):72-75.

内田至. 2004. 海ガメ-謎の多いアカウミガメのくらし. どうぶつと動物園. (2004春):??.

内田至他. 1980. インドネシア・マレイシア・シンガポールにおけるタイマイの人工ふ化放流および稚ガメ養成の可能性に関する調査報告書. 日本タイマイ協会.

内田至他. 1981. 水族の体長と体重の関係. 動水誌. 23:62-80.

内田至他. 1990. インドネシア・パラオ、タイマイ養殖事業視察報告書. 東京ベッ甲組合連合会.

内田至・梶原武. 1977. アカウミガメの巣穴の温度について. 日本爬虫両生類学会誌. 7(2):36-37.

内田至・呉羽和男. 1988. アカウミガメのalbinoの飼育と成長(講演要旨). 動水誌. 30(1):34.

Uchida, I. and M. Nishiwaki. 1982. Sea turtles in the waters adjacent to Japan. p. 317-319. In: K. Bjorndal (ed.). Biology and conservation of sea turtles. Smithsonian Inst. press, Washington D. C.

内田克巳. 2008. 新規条例の作成手法について~鹿児島県ウミガメ保護条例の制定を例に~. 鹿児島県立短期大学地域研究所研究年報. 2008:47-58.

内田詮三. 1985. 南西諸島のウミガメ類. 動物と自然. 15(4):22-26.

内田詮三・照屋秀司. 1985. 1985年実施のアカウミガメと海流びんの放流結果について(講演要旨). 動水誌. 27(4):133-134.

Uchida, S. and S. Teruya 1991. Transpacific migration of a tagged loggerhead, Caretta caretta. p.169-182. In: Himeji City Aquarium and Hiwasa Chelonian Museum (eds). Proceedings of International Symposium on Sea Turtle '88 in Japan.

内田詮三・照屋秀司・長崎祐・戸田実・亀井良昭・当山みどり. 1984. 水族館等展示用ウミガメ類調査. (財)海洋博覧会記念公園財団, 沖縄. 76p.

上田正文. 1989. 鹿児島県吹上浜におけるアカウミガメの生態. p.1-8. ウミガメ生態調査報告書(1). 鹿児島県, 鹿児島.

上村修. 1983. アカウミガメの孵化. 和歌山県自然博物館だより. 1(2)-(4).

宇井晋介. 1979. タイマイの飼育. マリンパビリオン(串本海中公園). 8:64-65.

宇井晋介. 1982. オサガメ江ノ島水族館. 1971. 飼育ウミガメ類の調査報告. 動物園水族館雑誌. 12(4):81-87.

梅津武司. 1991a. アオウミガメのIrによる長期標識〔英文〕. 日本水産学会誌. 57(6): 1115-1120.

梅津武司. 1991b. イリジウムでカメに標識する. うみがめニュースレター. 11:3-8.

梅村甚太郎. 1891. 〓龜(Chelonia)ノ産卵. 動物学雑誌. 3(36):427.

海野修司. 2006. 遠州灘沿岸におけるアカウミガメを保護するための「車両等の乗り入れ規制」について. 海岸. 45:83-85.

浦田明夫. 2001. 対馬・壱岐近海で見られるウミガメ類. 長崎県生物学会誌. (52):39-41.

宇多高明・清野聡子・三波俊郎. 2005. 宮崎県一ツ葉海岸の侵食実態. 地形. 26(3):310.

内海富士夫. 1943. ウミガメ-産卵、習性、成長-. 海洋の科学. 3:526-532.

若林郁夫. 1990. 三重県におけるアカウミガメの産卵. うみがめニュースレター. 5:3.

若林郁夫. 1994. 志摩半島南部におけるアカウミガメの産卵状況. p.83-89. 亀崎直樹・籔田慎司・菅沼弘行編. ”日本のウミガメの産卵地”. 日本ウミガメ協議会, 大阪.

若林郁夫・中村光孝・福永純子・亀井陽太郎. 1998. 志摩半島におけるアカウミガメの上陸・産卵状況(1998年). うみがめニュースレター. 38:8.

若林伸幸. 2004. 東播海岸の事故と消えたウミガメ--完成間近い安全対策と産卵聖域の創出. 季刊河川レビュー. 33(3):75-79.

若月元樹・照屋琴子. 1996. 沖縄島大渡海岸におけるアカウミガメの産卵. うみがめニュースレター. (27):19.

和歌山県ウミガメ情報交換会. 1989. 和歌山県におけるウミガメの上陸・産卵地. くろしお(南紀生物同好会). 8:48.

渡辺国広. 2002. アカウミガメの産卵行動に影響を及ぼす前浜地形と海浜流の特性. 海岸工学論文集. 49:1151-1155.

渡辺国広. 清野聡子,宇多高明. 2003a. 天草地方におけるアカウミガメの調査報告書. 海岸工学論文集. 56:5.

渡辺国広・清野聡子・宇多高明. 2003b. 転機迎えたウミガメ保護. 海岸工学論文集. 56:8.

渡辺国広・清野聡子・宇多高明. 2003c. 天然記念物アカウミガメ生態調査報告書. 海岸工学論文集. 56:2.

渡辺国広. 清野聡子,宇多高明,山本明男. 2003. 冬季に起こったライヴストランディング. 海洋開発論文集. 56:13.

Witzell Wyne N. 1987. イタチザメによるウミガメ科の大形カメ類に対する選択的捕食〔英文〕. 爬虫両棲類学雑誌. 12.(1):22-29.

八田文夫. 1996. 生態系に配慮した道路整備--アカウミガメにやさしい道づくり. 月刊建設. 40(9):26-29.

谷津直秀. 1935. 海龜の卵. 動物学雑誌. 47(558):252.

矢ヶ崎朋樹・倉持卓司・小谷野有加・倉持敦子・川島逸郎. 2007. 神奈川県逗子海岸におけるアカウミガメとその生息地(産卵地)に関する一考察(予察). 生態環境研究. 14(1):35-41.

屋久島うみがめ館. 2000. 1999年屋久島におけるウミガメ上陸・産卵調査報告. 屋久島うみがめ館, 鹿児島.

屋久島うみがめ館. 2001. 2000年屋久島におけるウミガメ上陸・産卵調査報告. 屋久島うみがめ館, 鹿児島.

屋久島うみがめ館. 2002. 2001年屋久島におけるウミガメ上陸・産卵調査報告. 屋久島うみがめ館, 鹿児島.

屋久島うみがめ館. 2002. 1992~2001年屋久島におけるウミガメ上陸・産卵調査報告. 屋久島うみがめ館, 鹿児島.

屋久島うみがめ館. 2003. 2002年屋久島におけるウミガメ上陸・産卵調査報告. 屋久島うみがめ館, 鹿児島.

屋久島うみがめ館. 2004. 2003年屋久島におけるウミガメ上陸・産卵調査報告. 屋久島うみがめ館, 鹿児島.

屋久島うみがめ館. 2005. 2004年屋久島におけるウミガメ上陸・産卵調査報告. 屋久島うみがめ館, 鹿児島.

屋久島うみがめ館. 2006. 2005年屋久島におけるウミガメ上陸・産卵調査報告. 屋久島うみがめ館, 鹿児島.

屋久島うみがめ館. 2008. 2007年屋久島におけるウミガメ上陸・産卵調査報告. 屋久島うみがめ館, 鹿児島.

屋久島うみがめ館. 2009. 2008年屋久島におけるウミガメ上陸・産卵調査報告. 屋久島うみがめ館, 鹿児島.

屋久島ウミガメ研究会. 1985. 1985年屋久島永田・田舎浜におけるウミガメ上陸・産卵調査報告. 屋久島ウミガメ研究会, 鹿児島. 14p.

屋久島ウミガメ研究会. 1986. 1986年屋久島永田・田舎浜におけるウミガメ上陸・産卵調査報告. 屋久島ウミガメ研究会, 鹿児島. 20p.

屋久島ウミガメ研究会. 1988. 1987年屋久島永田・田舎浜におけるウミガメ上陸・産卵調査報告. 屋久島ウミガメ研究会, 鹿児島. 22p.

屋久島ウミガメ研究会. 1989. 1988年屋久島永田・田舎浜におけるウミガメ上陸・産卵調査報告. 屋久島ウミガメ研究会, 鹿児島. 22p.

屋久島ウミガメ研究会. 1990. 1989年屋久島永田・田舎浜におけるウミガメ上陸・産卵調査報告,屋久島ウミガメ研究会, 鹿児島. 13p.

屋久島ウミガメ研究会. 1991. 1990年屋久島永田・田舎浜におけるウミガメ上陸・産卵調査報告. 屋久島ウミガメ研究会, 鹿児島. 13p.

屋久島ウミガメ研究会. 1992. 1991年屋久島永田・田舎浜におけるウミガメ上陸・産卵調査報告. 屋久島ウミガメ研究会, 鹿児島. 15p.

屋久島ウミガメ研究会. 1993. 1992年屋久島永田・田舎浜におけるウミガメ上陸・産卵調査報告. 屋久島ウミガメ研究会, 鹿児島. 17p.

屋久島ウミガメ研究会. 1994. 1993年屋久島永田・田舎浜におけるウミガメ上陸・産卵調査報告. 屋久島ウミガメ研究会, 鹿児島. 17p.

屋久島ウミガメ研究会. 1995. 1994年屋久島永田・田舎浜におけるウミガメ上陸・産卵調査報告. 屋久島ウミガメ研究会, 鹿児島. 23p.

屋久島ウミガメ研究会. 1996. 1995年屋久島永田・田舎浜におけるウミガメ上陸・産卵調査報告. 屋久島ウミガメ研究会, 鹿児島. 26p.

屋久島ウミガメ研究会・大牟田一美他. 1987. 1986年、屋久島・永田・田舎浜におけるウミガメ上陸・産卵調査報告.

屋久島ウミガメ研究会大牟田一美他. 1988. 1987年、屋久島・永田・田舎浜におけるウミガメ上陸・産卵調査報告.

屋久島ウミガメ研究会大牟田一美他. 1989. 1988年、屋久島・永田・田舎浜におけるウミガメ上陸・産卵調査報告.

屋久島ウミガメ研究会大牟田一美他. 1990. 1989年、屋久島・永田・田舎浜におけるウミガメ上陸・産卵調査報告.

屋久島ウミガメ研究会大牟田一美他. 1991. 1990年、屋久島・永田・田舎浜におけるウミガメ上陸・産卵調査報告.

屋久島ウミガメ研究会・大塚幸彦. 1993. 雌をめぐって群れ泳ぐシパダン島のアオウミガメ. アニマ. 246:70-75.

山田さやか・和田正人. 2006. 屋久島におけるアカウミガメの孵化状況と未孵化卵の死亡原因について. 東京学芸大学紀要. 総合教育科学系. 57:463-468.

山田格(国立科学博物館)・星野広志(北海道大学北洋水産研究施設). 1999. 函館市でのアカウミガメ漂着(ナチュラルヒストリーノート). うみがめニュースレター. 42:18.

山口剛宏・加藤弘・亀崎直樹. 1993. 渥美半島と静岡県西部に打ち上がったアカウミガメの死体の解剖結果-主として胃内容物について-. うみがめニュースレター . (15):8.

山口真名美. 1991. 小笠原に暮らす-1-アオウミガメ 産卵回帰 標識放流. 科学朝日. 51(7):98-101.

山本明夫. 1998. 静岡県相良町カメハメハ王国の紹介. うみがめニュースレター. 37:15.

山本隆司. 1997. 海亀胃内容物調査. 平成7年度沖縄水試事報. 沖縄. 227-236.

山崎省三. 2000. 田平町海岸に打ち上げられたアカウミガメ. 長崎県生物学会誌. (51):72.

山下郁. 1995. 日本海におけるウミガメ類の来游について. 富山大学教育学部地理学教室年報. (3):155-173.

Yamato, S. 1992. A new species of Podocerus (Amphipoda: Podoceridae) from the carapace of a loggerhead sea turtle in Japan. Publications of the Seto Marine Biological Laboratory. 35(4/5): 281-288.

山内清・竹下完・出口智久・韓志朗・芳賀聖一・大橋登美男. 1984. アカウミガメ(Caretta caretta)の卵の化学的成分について. 宮崎大学農学部研究報告. 31(2):155-159.

柳田 今潮治. 1992. 赤海亀をまもって13年(エイジレスライフ) . エイジング. 9(4):26-29.

矢野和成・田中彰. 1991. バイオテレメトリーにより観察されたアカウミガメの遊泳行動の日周変化. 日本水産学会誌. 57(9):1669-1678.

安田徹. 1968. 福井県敦賀半島で捕獲されたタイマイ. 採集と飼育. 30(1):8-9.

安山登. 1990. 吹上浜におけるウミガメの観察Ⅰ. うみがめニュースレター. 5:7.

安山登. 1991a. 吹上浜におけるアカウミガメの利用. うみがめニュースレター. 10:10.

安山登. 1991b. 吹上浜におけるウミガメの卵の採取の歴史. うみがめニュースレター. 9:4.

Yntema, C. J. and N. Mrosovsky. 1980. Sexal differentiation in hatchling loggerheads (Caretta caretta) incubated at different controlled temperatures. Herpetologica. 36: 33-36.

横田耕介. 2005. "海亀用釣鈎外し"の開発とその経緯. 遠洋. (117):28-30.

與世田兼三・清水智仁. 2006. 希少種ウミガメ類の産卵. ふ化管理および放流技術の開発(<特集>栽培漁業技術開発の最前線-II). 日本水産学会誌. 72(3):476-479.

吉田喜美明. 1998. 佐賀県のアカウミガメの記録. 佐賀自然史研究. 1(4):159-164.

Yoshie, S. (吉江紀夫) and Y. Honma. 1976. Light and scanning e1ectron microscopic studies on the esophagea1 papillae in the Pacific rid1ey turt1e, Lepidochelys olivacea. Arch. histol. japon. 38(5): 339-346.

吉岡修二・鮫島正道. 1989a. 鹿児島県長崎鼻海岸におけるアカウミガメの繁殖. 動物園水族館雑誌. 31(2):51-55.

吉岡修二・鮫島正道. 1989b. 鹿児島県長崎鼻海岸におけるアカウミガメの産卵行動. p.17-20. ウミガメ生態調査報告書(1). 鹿児島県, 鹿児島.

吉岡修二・鮫島正道. 1990. 鹿児島県長崎鼻海岸におけるアカウミガメの繁殖について(1989年). p.9-18. “ウミガメ生態調査報告書(2)”. 鹿児島県, 鹿児島.

吉崎和美・森一弘. 1992. 天草地方におけるアカウミガメの調査報告書. 有明, 熊本. 25p.

湯浅義明. 2000. ウミガメの体内挿入標識と外部標識について. うみがめニュースレター. 46:2.

斯波直也・坂本亘・荒井修亮. 2000. GIS を用いた東シナ海のアカウミガメの混獲防止モデル. 日本水産学会誌. 66(6):1073-1074.