1月1日 明けましておめでとうございます。謹んで新年のお慶びを申し上げます。

 昨年は、度重なる台風の襲来やアカウミガメ上陸産卵の全国的な低調、中国での大規模密漁の露見など、日本のウミガメたちにとっては厳しい年となりました。他方、事務局は、旧来の業務に加えて第38回国際ウミガメシンポジウムの開催や「むろと廃校水族館」の開設・運営など、これまでにない大きな業務を担いましたが、関係者の皆様方の温かいご支援ご協力のお陰によりいずれも成果をあげ、無事に新年を迎えることができました。事務局職員一同、厚く御礼申し上げます。本年もウミガメと取り巻く自然環境の健全な未来をめざし、健全かつ透明な組織運営に努めてまいります。引き続きご支援ご厚情を賜りたくお願い申し上げるとともに、平成最後となる己亥の年が、ウミガメと関係者の皆様方にとって穏やかで良い年となりますことを祈念申し上げます。 

日本ウミガメ協議会 会長 松沢慶将