■[メニューに戻る]


ウミガメの教科書

[種類・分類] [形態]
[摂餌]         [産卵行動]
[寿命]         [進化]

種類・分類
 ウミガメとは、爬虫網カメ目のうち、海に生息する種の総称です。現存種は、ウミガメ科5属6種とオサガメ科の1属1種で、そのうち、日本には、アカウミガメ、アオウミガメ、タイマイの3種が産卵に訪れ、ヒメウミガメとオサガメの2種も近海に来遊します。

各種の説明
アカウミガメ  アオウミガメ  タイマイ  オサガメ  ヒメウミガメ  ケンプヒメウミガメ  ヒラタウミガメ  クロウミガメ

アカウミガメ Loggerhead turtle (学名 Caretta caretta
 
 世界の大洋に広く分布するウミガメで、アメリカ東海岸、ブラジル、南アフリカ、ギリシャ、オマーン、日本、オーストラリア東岸などに主な産卵場がある。 日本の本州、四国、九州、沖縄の海岸線は北太平洋唯一の産卵場である。 体色は背面が褐色、腹面は淡黄色で、頭部が他のウミガメに比較すると大きく、英名の「loggerhead 」は、「頭でっかち」を意味する。

△このページの一番上へ
   △メニューに戻る

アオウミガメ Green turtle
(学名 Chelonia mydas
 
 世界の大洋に広く分布するウミガメで、産卵場はコスタリカ、ギアナ、アセンション島、オーストラリア、フィリピン、マレーシア、ハワイ等熱帯海域を中心に各地に点在している。日本では小笠原諸島、屋久島以 南の南西諸島で産卵が行われている。 体色は背面は黒に近い濃緑色、腹面は淡黄色である。上顎と下顎の縁辺部が、植物を食べやすいようにギザギザになっている。頭部はアカウミガメに比べて小さい。

△このページの一番上へ
   △メニューに戻る

タイマイ Hawksbill turtle
(学名 Eretmochelys imbricata)     
 世界の熱帯海域に広く分布するウミガメで、産卵場はカリブ海、ミクロネシア、ポリネシア、インド洋などの珊瑚礁の発達した海域の島嶼に広く点在する。 日本では沖縄島以南の南西諸島で産卵するが、その数は少ない。体色は、背面が黄色の地に黒褐色のモザイク模様、腹面は黄色である。 背甲の鱗板は成長に応じて瓦のように重なり、縁辺部も尖る。この種の鱗板は鼈甲と呼ばれる。

△このページの一番上へ
   △メニューに戻る

オサガメ Leatherback turtle
(学名 Dermochelys coriacea
 
 世界の大洋に分布する。産卵場はインドネシア、ニューギニア、ギアナ、スリナムなど熱帯海域が中心になるが、回遊によって、最も高緯度にまで出現する種である。 他のウミガメ類はウミガメ科に属するが、本種は1種で独立した科(オサガメ科)を形成する。 大きな鱗板で被われた強固な背甲をもたず、その独特の形態から、他種と区別するのは容易である。

△このページの一番上へ
   △メニューに戻る


ヒメウミガメ 0live ridley turtle
(学名 Lepidochelys olivacea
 
 世界の大洋に熱帯海域を中心に分布する。コスタリカの太平洋岸やインド洋などでは、 集団で昼間に産卵が行われることがある。このような集団産卵はアリバダ(スペイン語で「兆し」を意味する)と呼ばれ、本種とケンプヒメウミガメだけの特徴である。頭部は比較的大きく、 体色は背面はオリーブ色、 腹面は淡黄色で、他のウミガメ類より小さい。亜縁甲板には小孔が開口する。肋甲板は5対から9対。

△このページの一番上へ
   △メニューに戻る

ケンプヒメウミガメ
Kemp's ridleyturtle
(学名 Lepidochelys kempi
  カリブ海、メキシコ湾を中心とした西部北大西洋にのみ分布する。背甲はヒメウミガメに比べて、平べったく、幅も広くなる(ほぼ円型)。

△このページの一番上へ
   △メニューに戻る

ヒラタウミガメ Flatback turtle
(学名 Natator depressus
   
 オーストラリア北部の沿岸域にのみ分布する。背甲の縁は陣笠のように反り返り、平べったい。

△このページの一番上へ
   △メニューに戻る

クロウミガメ Black turtle
 
  東太平洋に生息するアオウミガメ属のウミガメ。腹部や頭部の鱗板の縁辺部が、アオウミガメは黄色であるのに対し、クロウミガメは黒いことで区別される。しかし、分類学的にはアオウミガメの亜種とする意見と、独立種とする意見がある。分類学的には正式な記載が行われておらず、手続き上、現時点で「種」として扱うことはできないので要注意。国内でも98年以降、八重山諸島を中心に発見が相次いでいる。

△このページの一番上へ
   △メニューに戻る




 
左:ホシガメ  右:アカウミガメ
 ウミガメは、陸で暮らす他のカメに比べて様々な点で異なっています。最も明らかなのは四肢の形の違いです。陸で生活するカメの足は陸を歩きやすくなっていますが、ウミガメの足は舟のカイのような形をしています。また、カメの特徴は、頑丈な甲羅を持ち、危険に応じて頭や手足を甲羅の中に引っ込めることですが、ウミガメは頭や四肢を引っ込めることは出来なくなりました。ドーム型で頑丈な甲羅を背負っていては水の抵抗が大きくて、速く泳げません。そこで、ウミガメは甲羅を出来るだけ薄く、滑らかに変化させました。その結果、カメ特有の防御ができなくなったのです。手足を引っ込めるよりも、素早く逃げる方を選択した訳です。

△このページの一番上へ
   △メニューに戻る




 オサガメはクラゲ類、アカウミガメは貝やヤドカリなどの底生動物、アオウミガメは海草や海藻、タイマイはサンゴ礁に生息するカイメン、ヒメウミガメは小さい底生動物をたべるようです。また、外洋を浮遊して暮らしている子ガメのうちは、アオウミガメも含めて、浮遊性の小さな動物を食べていると考えられていますが、なかなか詳しいことまではわかっていないのが実状です。

△このページの一番上へ
   △メニューに戻る


産卵
 一般的に上陸したメスの行動は、上陸、ボディーピット、穴掘、産卵、穴埋、カモフラージュ、帰海の7つのフェーズに分けられます。
 上陸…波打ち際に姿を現してからボディーピットを始めるまで。
 ボディーピット…穴掘に先立ち、体が隠れる程度の穴を掘る行動。
  アカウミガメ、ヒラタウミガメ、タイマイ、ヒメウミガメでは比較的浅く、アオウミガメ、オサガメでは深い穴を作ります。
 穴掘…後肢を左右交互に使って洋なし型の卵室を掘る行為。
 産卵…1回の産卵で、ざっと100-130個の卵を産みます(例外的にヒラタウミガメは50-55個程度です)。
 穴埋…産卵が終わると後肢を使って卵室を埋めていきます。
 カモフラージュ…前肢も使って前方の砂を後ろへ掃き飛ばし、ボディーピットを埋めていきます。
 そして、海へと戻っていきます。一連の行動は早くても1時間を要します。

 ウミガメが砂浜に上陸すると特徴的な足跡が残ることはよく知られていますが、歩き方や足跡が種ごとに異なることは御存知でしょうか。アカウミガメやタイマイでは左右の前脚を交互に動かして匍匐するのに対して、体が大きなアオウミガメやオサガメでは左右の前脚を揃えて動かして進みます。

ちなみにオサガメは子ガメの時から左右同時ですが、アオウミガメは子ガメの時には左右交互に動かすのです。これは、体がある程度大きくなると、両脚同時に踏ん張らないと動かないからだと考えられています。

△このページの一番上へ   △メニューに戻る

寿命
 カメはどれくらい長生きなのでしょうか?これまで確認されている最も長寿の記録は、フランスの探検家がセーシェル島で捕獲してモーリシャスへ持ち込んだゾウガメで、152年間飼育されたというものです。ウミガメでは、徳島県日和佐町のウミガメ博物館では1950年に地元の中学校の研究グループが卵から孵化させたオスのアカウミガメが今日に至るまで飼育されていますから、少なくとも57年は生きるのでしょう。

△このページの一番上へ   △メニューに戻る

進化
 現在までに化石が見つかっている最古のカメは、三畳紀後半(約2億1000万年前)に出現したプロガノケリス(Proganochelys)と呼ばれるもので、このカメにはまだ上顎に歯が備わっていました。
 ジュラ紀(約2億800万年前〜1億4500万年前)になると、海で暮らしたと思われる種が出現してきます。カメ目は頸を横方向にS字型に折り畳む曲頸亜目と、縦方向に畳む潜頸亜目とよばれる2つのグループに分けられますが、白亜紀になると曲頸亜目から多くのウミガメ類が出現しては消えていきました。一方で潜頸亜目からもウミガメ科とオサガメ科を含め、多くのウミガメ類が出現しています。その中で、7500万年前に出現したアルケロン(Archelon)は最も巨大なウミガメ類で、全長は4.5m、体重2〜5トン、頭だけでも長さ1mありました。強力な顎でアンモナイトを食べていたと考えられています。現存種の化石も、300万年も前の地層から見つかっています。

△このページの一番上へ   △メニューに戻る


一切の情報を転載・複製することを禁じます。
   (C) NPO法人 日本ウミガメ協議会 2008